シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND207/欧州政治思想史研究
(History of European Political Thought 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』を読む 
担当者 (Instructor) 安藤 裕介(ANDO YUSUKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 9201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND207 



授業の
目標
Course
Objectives
政治学における最重要古典の一つであるトクヴィルの『アメリカのデモクラシー』(1835-40年)を精読し、その内容や理論構成、テクストとコンテクストの関係について理解を深める。 
In this course, by reading carefully and intensively Tocqueville's Democracy in America, one of the most important work in politics, students are expected to deepen their understanding of its content, theoretical framework, and the connection between text and context. 
授業の
内容
Course
Contents
友人ボーモンとともにアメリカ視察旅行をおこなったトクヴィルは、かの地でヨーロッパの将来の姿を見出すことになる。「デモクラシーの時代」の到来をもはや不可避の趨勢として捉えたトクヴィルは、帰国後、その可能性と問題点について非常に卓越した洞察と分析を公表した。多数の専制、境遇の平等、個人主義の台頭など、彼の著作には現代の政治社会のあり方を考えるうえでも有益なヒントが多分に含まれている。当時の歴史的文脈との関係のみならず、20世紀以降の思想的課題との関係も念頭に置きながら、彼の『アメリカのデモクラシー』を精読したい。 
Alexis de Tocqueville and his friend Gustave de Beaumont visited the United States to study prison system, and discovered that America would be the future image of European countries. After his return to France, Tocqueville, considering the arrival of 'age of democracy' as inevitable, put into publication his penetrating insight and analysis of the possibilities and problems that democratic society would bring about. His two books entitled Democracy in America contains many important ideas, such as tyranny of majority, equality of conditions and individualism, in order to consider our present political society. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 『アメリカのデモクラシー』(1) 
3. 『アメリカのデモクラシー』(2) 
4. 『アメリカのデモクラシー』(3) 
5. 『アメリカのデモクラシー』(4) 
6. 『アメリカのデモクラシー』(5) 
7. 『アメリカのデモクラシー』(6) 
8. 『アメリカのデモクラシー』(7) 
9. 『アメリカのデモクラシー』(8) 
10. 『アメリカのデモクラシー』(9) 
11. 『アメリカのデモクラシー』(10) 
12. 『アメリカのデモクラシー』(11) 
13. 『アメリカのデモクラシー』(12) 
14. 『アメリカのデモクラシー』(13) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回、参加者には授業時間前にコメントペーパーを提出してもらう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告・レジュメ(40%) 、コメントペーパー(30%) 、討論への参加(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. アレクシス・ド・トクヴィル  『アメリカのデモクラシー 』(松本礼二訳、全4巻)   岩波文庫  2005, 2008年  4003400925 
2. Alexis de Tocqueville  De la démocratie en Amérique (2 vols.)   Flammarion  1993, 1999年  2080703536 
その他(Others)
フランス語テキストの購入と使用は任意とする(フランス語ができなくても履修可)。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. アレクシス・ド・トクヴィル  『合衆国滞在記』(大津真作訳)   京都大学学術出版会  2018年   
2. アレクシス・ド・トクヴィル  『旧体制と大革命』(小山勉訳)   ちくま学芸文庫  1998年   
3. 宇野重規  『トクヴィル 平等と不平等の理論家』   講談社学術文庫  2019年   
4. 松本礼二  『トクヴィルで考える』   みすず書房  2011年   
5. レオ・ダムロッシュ  『トクヴィルが見たアメリカ』(永井大輔・高山裕二訳)   白水社  2012年   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP