シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND210/日本政治思想史特論
(History of Japanese Political Thought 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本政治思想史の方法論と史料読解 
担当者 (Instructor) 松田 宏一郎(MATSUDA KOICHIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 1時限(Period 1) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP5810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) ND210 



授業の
目標
Course
Objectives
日本政治思想史の方法論的課題と展望、さらにテクスト解読の実践的訓練をおこなう。理論的整理と歴史学としての作業手法の明確化の両方に目を向ける。 
The purposes of this course are for students to examine current methodological issues and views in History of Japanese Political Thought and to gain insight about theoretical issues and working procedures of conceptual and historical research. 
授業の
内容
Course
Contents
東アジアおよび西洋思想史、政治史などの分野における方法論的議論の動向に関する文献を講読する。日本語だけでなく英語の文献も用いる、報告担当者は、関連する研究史的背景、事実や語彙の出典などをできるかぎり調べること。 
Students read literature about trends in methodological arguments in the history of East Asian and Western political thought. The course uses literature both in Japanese and English. Students are requested to investigate as much as possible the theoretical background, facts, vocabulary sources, etc. 
授業計画
Course
Schedule
1. 文献講読・討論 
2. 文献講読・討論 
3. 文献講読・討論 
4. 文献講読・討論 
5. 文献講読・討論 
6. 文献講読・討論 
7. 文献講読・討論 
8. 文献講読・討論 
9. 文献講読・討論 
10. 文献講読・討論 
11. 文献講読・討論 
12. 文献講読・討論 
13. 文献講読・討論 
14. 文献講読・討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題テクストの予習、授業で指定する参考文献を読む。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プレゼンテーション(50%) 、討論(50%)
テキスト
Textbooks
まず次の文献を参照のこと。公開URLあり。他は、初回授業で指示する。
松田宏一郎「必読の一〇〇冊> 思想史」『日本研究』 57巻 (頁 11 ~ 24)、国際日本文化研究センター、2018年03月
http://doi.org/10.15055/00006914
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP