シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
ND271/政治学総合演習(1)
(Political Science Research Workshop (1)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
政治学研究の方法と実践 
担当者 (Instructor) 松田 宏一郎(MATSUDA KOICHIRO)
松浦 正孝(MATSUURA MASATAKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 6406(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LAP6910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 後期課程科目TX201「政治学総合演習(1)」と合同授業 
テキスト用コード (Text Code) ND271 



授業の
目標
Course
Objectives
政治学の研究にあたり,習得した知識に基づいて,複眼的な発想から研究を行い、その成果を発表する能力を養うこと、また、他の研究者の研究に対するコメントや評価を行う能力を養うことを目標とする。 
The purposes of this course are (1) to cultivate the ability to conduct research drawing from multifaceted thinking; (2) to announce results based on acquired knowledge with respect to Political Science research; and (3) to cultivate the ability to comment on and evaluate others' research. 
授業の
内容
Course
Contents
この演習では,大学院生が各自の研究成果の発表を行い,それに対して,正・副の指導教員のみならず他の教員や博士前・後期の大学院生なども参加して,多角的に研究指導を行う。具体的には,修士論文(リサーチペーパー)および博士論文の構想発表,学会や研究会などでの発表の予行演習としての報告,学術雑誌等への投稿予定論文の内容報告などを予定している。毎回の授業において、報告担当者は自らテーマを設定して報告内容および報告資料を用意し、それに基づいて自らの研究構想を教員・学生の前で報告する。在席の学生は、他の学生の報告に対して質問やコメントを行い、学術的な議論を実践する。政治学を専攻する大学院生は,前期課程・後期課程の別や学年にかかわらず、特別な事情がない限り,この演習を履修し,出席しなければならない。 
This course aims for graduate school students to present the results of their own research, with participation not only from principal and assistant advisory faculty members but also other faculty members and master’s/doctoral graduate students, in order to provide research guidance from many different angles. Specifically, students are scheduled to present the concepts behind their master's papers (research papers) and doctoral dissertations, reports given as a rehearsal for presentations at conferences and workshops, and reports about the contents of papers scheduled to be submitted to academic journals. During each meeting, the student presenting a report selects the topic and prepares the presentation content and materials for presenting their research concept to faculty members and students. The students in the audience ask questions and comment on the reports of other students to practice engaging in academic discussions. All graduate students majoring in Political Science, regardless of their class year or whether they are in the master’s program or doctoral program, must take and attend this course unless there are extenuating circumstances. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究報告1 
2. 研究報告2 
3. 研究報告3 
4. 研究報告4 
5. 研究報告5 
6. 研究報告6 
7. 研究報告7 
8. 研究報告8 
9. 研究報告9 
10. 研究報告10 
11. 研究報告11 
12. 研究報告12 
13. 研究報告13 
14. 研究報告14 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
演習で報告者は,修士論文(リサーチペーパー),博士論文,その他学術論文を作成するための報告を行う。報告者は,報告にあたっての資料を準備し,配布する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席および討論への参加(50%) 、研究報告(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP