シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
NH102/キリスト教学共同演習 2
(Faculty/Student Joint Seminar in Christian Studies 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 加藤 磨珠枝(KATO MASUE)
梅澤 弓子(UMEZAWA YUMIKO)
阿部 善彦(ABE YOSHIHIKO)
加藤 喜之(KATO YOSHIYUKI)
ゾンターク,M(SONNTAG,MIRA)
長谷川 修一(HASEGAWA SHUICHI)
宇井 志緒利(UI SHIORI)
廣石 望(HIROISHI NOZOMU)
藤原 佐和子(FUJIWARA SAWAKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHS5813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 重複履修不可
後期課程用科目コード:TH302 
テキスト用コード (Text Code) NH102 



授業の
目標
Course
Objectives
専攻所属教員と院生の参加による、研究発表とそれを巡る議論を通して、研究課題や問題を共有し、研究上の視野拡大と理解の深化を目指す。 
We will share research topics and problems from research presentations and debates by participation from subject teachers and graduate students to expand the vision and deepen the understanding of the research. 
授業の
内容
Course
Contents
参加する院生が、各自の研究テーマについて行う研究発表を基本とする。各研究発表について、全参加者による質疑応答と議論が行われ、テーマの展開と深化がはかられる。それを受けて発表者各自が調査・研究を進展させ、探求課題の修正と進展を盛り込んだうえで、最終的に論文にまとめ上げる。 
Participating graduate students will present their research on their individual research topics. For each research presentation, there will be a QA session and debate with all participants to further develop and deepen the topics. Each presenter will use this to develop their investigations and research as well as edit and expand the research topics. Finally, they will compile this into an essay. 
授業計画
Course
Schedule
1. 授業ガイダンス 
2. 研究発表と質疑応答、討議 
3. 研究発表と質疑応答、討議 
4. 研究発表と質疑応答、討議 
5. 研究発表と質疑応答、討議 
6. 研究発表と質疑応答、討議 
7. 研究発表と質疑応答、討議 
8. 研究発表と質疑応答、討議 
9. 研究発表と質疑応答、討議 
10. 研究発表と質疑応答、討議 
11. 研究発表と質疑応答、討議 
12. 研究発表と質疑応答、討議 
13. 研究発表と質疑応答、討議 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定の期間内に発表用資料を教育研究コーディネーターに提出のこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究発表と議論への参加(60%) 、最終提出論文(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
春学期のキリスト教学共同演習1と連続しての履修が望ましい。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP