シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
NH209/アジア・キリスト教研究
(Studies in Christianity in Asia) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
「グローバル・ヒストリー」の中のアジアキリスト教
(Asian Christianity from the Perspective of "Global History") 
担当者 (Instructor) ゾンターク,M(SONNTAG,MIRA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHS5813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes) 後期課程用科目コード:TH319 
テキスト用コード (Text Code) NH209 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義は1)アジア・キリスト教研究史、2)諸地域の比較研究と、3)近代アジアにおける帝国主義とキリスト教の関係という三つのテーマについて考えるために、アジア・キリスト教関連の研究書、諸地域のキリスト教史への導入書および事例研究、そして近代帝国主義時代を生きたキリスト者の「声」を私たちに届けてくれる一次資料を取り挙げ、分析する。 
This class will introduce and analyze research literature on Asian Christianity as a whole, introductory and case studies on individual regions and historical sources which present to us the "voice" of Christians who lived during the period of modern imperialism, and thus think about the following three topics: 1) the history of research on Asian Christianity, 2) comparative research on different regions, and 3) the relation of imperialism and Christianity in modern Asia. 
授業の
内容
Course
Contents
1)に関してはまず、現代における「アジア・キリスト教研究」の領域定義、主な研究対象と分析方法、今まで研究者が取り入れたアプローチの共通点、特徴、そして無視されてきた「盲点」を尋ねる。特に、近年の歴史学で注目されている「グローバル・ヒストリー」のアプローチと、戦後のアジア・キリスト教研究で適用された「土着化」理論との関連性を確認する。
2)に関しては、古代に構築されたアジア初のキリスト教ネットワーク、近代以降のプロテスタント宣教の特徴や、近代以降主張された土着神学の事例(日本、韓国、中国、スリランカ)などに注目する。
3)に関しては、アジア出身の帝国主義(汎アジア主義)、アジアをまたぐプロテスタント交流(日印)、1907年の万国キリスト教青年大会、キリスト教が諸独立運動(インド、フィリピン、韓国)に及ぼした影響やキリスト者の戦争協力とそれに対する戦後処理などについて考察する。 
In relation to topic 1) we will first confirm how the field of "Asian Christianity Studies" is defined today, what its main research topics and methods of analysis are, what similarities can be found in previous scholarly approaches and where the "blind spots" of these studies are located. Special attention will be given to the relevance of the new historiographical approach of "Global History" and the theory of indigenization which was utilized in research on Asian Christianity in the postwar period.
In relation to topic 2) we will focus on the first Asian transcontinental Christian network built in antiquity, on the specific characteristics Protestant mission since the modern period, and on examples of indigenous (contextual) theologies (Japan, Korea, China, Sri Lanka).
In relation to topic 3) we will look into imperialisms that emerged from Asia (Pan-Asianism), transcontinental exchanges (India-Japan), the 1907 Tokyo Conference of the World Students Christian Association, the influence of Christianity on independence movements (India, Philippines, Korea), and the postwar process of coming to terms with Christian war collaboration. 
授業計画
Course
Schedule
1. 「グローバル・ヒストリー」の中のキリスト教 
2. 「グローバル・クリスチャニティ」とアジア・キリスト教史 
3. アジア・キリスト教研究史の特徴(研究対象、理論、方法論)I 
4. アジア・キリスト教研究史の特徴(研究対象、理論、方法論)II 
5. 古代に構築されたアジア初のキリスト教ネットワーク 
6. 近代以降のプロテスタント宣教の特徴 
7. 近代以降主張された土着(文脈化)神学(日本、韓国) 
8. 近代以降主張された土着(文脈化)神学(中国、スリランカ) 
9. アジア出身の帝国主義(汎アジア主義)とキリスト教 
10. アジア・プロテスタント交流(日印) 
11. 1907年の万国キリスト教青年大会(東京大会) 
12. キリスト教と独立運動(インド、フィリピン、韓国) 
13. キリスト者の戦争協力とそれに対する戦後処理 
14. 総括討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習・復習・複数回の発表。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業の議論への貢献、複数回の発表(100%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ミラ・ゾンターク編  『〈グローバル・ヒストリー〉の中のキリスト教――近代アジアの出版メディアとネットワーク形成』   新教出版社  2019   
その他(Others)
授業関連の資料と参考文献の一部は担当教員のグーグルドライブよりダウンロードする。
参考文献
Readings
授業内に提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP