シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
NH324/アジア・キリスト教演習
(Seminar in Christianity in Asia) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
アジアにおける女性神学と女性キリスト者の活動
The Theology and Activities of Asian Christian Women 
担当者 (Instructor) ゾンターク,M(SONNTAG,MIRA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHS6813 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) NH324 



授業の
目標
Course
Objectives
アジア諸国の女性キリスト者が自分の日常的経験をどのように神学的に解釈しているかを、また彼女等の神学的探求が生み出した組織を紹介する。また女性神学に対して表明された批判とそうした批判への女性たちの対応し方を考察する。 
The course will give an introduction into Asian women's theological and institutional responses to their daily life experiences in past and present. It further considers arguments of critique that have been raised against feminist theology and how women responded to them. 
授業の
内容
Course
Contents
女性神学の歴史を探り、その目標と業績を解明した後、女性キリスト者のネットワークや組織を具体的に紹介する。CCA、EATWOT、 IGIや VAWW-NETなどの活動の検討を通して、アジアにおける女性たちがキリスト者としての責任を果たそうとしている中で与えられている主な課題を把握する。女性神学に対する批判はその課題の一つであるので、批判そのものと批判に対応するために開発された戦略を分析する。 
After a brief introduction into the aims and achievements of feminist/women's theology in history, the course will take up concrete examples of women’s networks and activities. By inquiring into women's activities in organizations such as CCA, EATWOT, IGI, VAWW-NET and others we will reveal the problems that women face when they seek to fulfill their responsibilities as Christians. Since criticism against feminist theology is one of these problems, we will analyze arguments of critique as well as the strategies that women developed in their response to them. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション・役割分担 
2. 導入:アジアにおける女性神学とフェミニスト神学 
3. テキストの紹介、考察、討論 
4. テキストの紹介、考察、討論 
5. テキストの紹介、考察、討論 
6. テキストの紹介、考察、討論 
7. テキストの紹介、考察、討論 
8. テキストの紹介、考察、討論 
9. テキストの紹介、考察、討論 
10. テキストの紹介、考察、討論 
11. テキストの紹介、考察、討論 
12. テキストの紹介、考察、討論 
13. テキストの紹介、考察、討論 
14. 統括討論 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
与えられた文献の熟読、まとめ、それに対する考察の準備 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加、討論への貢献、複数の発表(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業内に提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
なし 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP