シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UA563/観光地経営研究
(Tourism Area Management) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
観光地経営専門家育成プログラム 
担当者 (Instructor) 東 徹(AZUMA TORU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)  
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UA563 



授業の
目標
Course
Objectives
観光による地域振興を図るためには,変化する観光の動向を的確にとらえ,観光地を革新し,マネジメントする能力をもった人材が求められる。この授業では,そうした知識・スキルをもった人材=観光地経営専門家を育成することを目標とする。 
For the purposes of revitalizing community through tourism, human resources with proficiency in following trends of tourism, innovating and managing tourist destination areas are in high demand. The objective of this course is to develop human resources with that knowledge and those skills, that is, specialists in destination management. 
授業の
内容
Course
Contents
地方創生が喫緊の課題とされる中,観光地を経営し,革新することの意義を理解し,実践する力を身につけるために,現代の観光を取り巻く様々な環境条件と変わりゆく観光の動向を把握するとともに,観光地の成長・衰退のメカニズムや,地域資源の活用,効果的な地域情報発信の方法など,観光と地域振興に関わる多様な分野の知識を学び,さらに事例研究,フィールドワークを通してより実践的・発展的な学習を行う。 
Facing the urgent issues of community revitalization in Japan, students will grasp the various environmental conditions involving current tourism and changing trends in tourism, and acquire knowledge of various fields related to tourism and community revitalization such as development/decline mechanisms of tourist areas, activation of regional resources, and effective methods for disseminating regional information, etc., in order to understand the significance of managing and revitalizing tourist areas, and to become competent in practical skills. Furthermore, they will also experience more practical and developmental learning through cases studies and fieldwork. 
授業計画
Course
Schedule
1. 現代の観光を取り巻く環境条件と変わりゆく観光の動向 
2. 観光地経営の意義と現代的課題 
3. 観光地の成長・衰退のメカニズムを考える 
4. 「観光まちづくり」の理念と取り組み 
5. 地域資源を活かした観光価値の創造 
6. 事例研究(1) 
7. フィールドワーク(1)―川越― 
8. 地域資源の保護・保存と観光活用 
9. 観光地経営のための組織づくり
―日本版DMOとは― 
10. 観光・地域振興に向けたマーケティングの考え方 
11. 地域ブランドの意義と構築に向けた課題 
12. 観光・地域振興に向けた地域情報発信 
13. 事例研究(2) 
14. フィールドワーク(2)―飯山― 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習については,講義開始時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
講義・議論への参加状況(60%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
備考(Notes)
講義や議論への参加状況、課題レポートで評価する。
テキスト
Textbooks
授業時に資料を配布する。
参考文献
Readings
必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP