シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UA582/観光研究特論A
(Special Lecture on Tourism Research(A)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
都市への理解から観光を相対的に位置づける 
担当者 (Instructor) 西川 亮(NISHIKAWA RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
TRG5000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UA582 



授業の
目標
Course
Objectives
観光の対象としての都市空間(ここでは人の居住する空間を都市と称すため、農山漁村も都市である)。
本講義では、主に居住者のための空間づくりを目的とする都市計画・まちづくりの考え方や研究アプローチに対する理解を深めることから、日常圏から非日常圏域への人の移動である観光とそれを受け止める観光地空間、及び広義の観光研究を相対的に照射し、受講者が観光研究のための新たな視点を獲得することを目指すものである。 
In this lecture, we will deepen our understanding of research approaches of urban planning for tourism.
Both urban planning and tourism relates to urban spaces and the former aims at creating spaces for residents and the latter sees spaces for tourists who moves from their houses to to the extraordinary areas. Urban planning and tourism have some common points and some different points. By understanding urban planning researches, students will acquire a new perspective for tourism research. 
授業の
内容
Course
Contents
都市計画をめぐる、①制度と計画、②人物、③歴史的環境保全運動論という3つの視点について、文献精読とディスカッションを中心とした講義を進めていく。 
This lecture will mainly focuses on 1) urban planning act, 2) urban planner, and 3) community based planning for conserving historical landscape.  
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション、本講義の視座 
2. 都市の履歴を知る 
3. 都市の履歴を知る 
4. 都市と向き合う姿勢1 
5. 都市と向き合う姿勢2 
6. 都市と向き合う姿勢3 
7. 近代技術としての都市計画の模索1 
8. 近代技術としての都市計画の模索2 
9. 近代技術としての都市計画の模索3 
10. 人物史:西山夘三の観光論を考える 
11. 人物史:西山夘三の観光論を考える 
12. 歴史的環境保全運動論1 
13. 歴史的環境保全運動論2 
14. 都市計画と観光の接点
 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
かなり多くの本を扱うので、毎週課題となる本を読むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
リアクションペーパー(20%) 、授業内ディスカッション(80%)
テキスト
Textbooks
授業内に適宜案内する。
参考文献
Readings
授業内に適宜案内する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP