シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/修士論文指導演習2
(Supervisory Seminar on Master's Thesis 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 6時限(Period 6) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY6910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM126 



授業の
目標
Course
Objectives
「修士論文指導演習1 (春学期) 」 と併せて、 修士論文を作成する前期課程2年次生を対象に、 研究と論文執筆の指導を行う。得られたデータに基づいて、研究結果の分析方法、解釈、論文の執筆方法、論文全体の構成、研究の解釈や意義などに関する考察などについての指導を受ける。 
Combined with “Supervisory Seminar on Master's Thesis 1 (spring semester),” this class will provide supervision to 2nd-year master’s program students as they conduct research and write their theses. Based on the data obtained, students will receive instruction on analyzing and interpreting research results and discussion. 
授業の
内容
Course
Contents
学生各自の研究テーマに基づき、 詳細な研究計画の設定、研究の遂行、データの分析、論文執筆について指導する。 「修士論文指導演習1 (春学期) 」 と併せて、 指導は心理学専攻所属の教員 (指導教員、副指導教員)が担当する。 
For each student’s particular research theme, supervision will be provided with regard to detailed research planning, execution, data analysis, and article writing. As with “Supervisory Seminar on Master's Thesis 1 (spring semester),” supervision will be provided by an advisor and sub-advisor who are faculty members of the Graduate Program in Psychology. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 予備実験/調査結果の分析(1) 
3. 予備実験/調査結果の分析(2) 
4. 本実験/調査計画の立案(1) 
5. 本実験/調査計画の立案(2) 
6. 本実験/調査方法の決定と準備(1) 
7. 本実験/調査方法の決定と準備(2) 
8. 実験/調査の実施(1) 
9. 実験/調査の実施(2) 
10. 結果の分析と考察(1) 
11. 結果の分析と考察(2) 
12. 論文の執筆(1) 
13. 論文の執筆(2) 
14. 研究発表の準備 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
研究計画(25%) 、実験/調査の準備(25%) 、実験/調査の実施(25%) 、結果の分析と考察(25%)
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
研究指導の中で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP