シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM132/応用心理学研究法
(Research Methods in Applied Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
研究の立案・実施・論文作成の技法 
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM132 



授業の
目標
Course
Objectives
応用心理学を研究するにあたって、どのように研究に取り組めばよいのかについて考究する。これによって、修士課程において、修士論文作成に至るまでの過程において必要な事項を理解し、修士のみならず博士以降における研究活動の基礎を理解する。実際に研究を実施し、学会で発表し、論文を作成して投稿するという一連の研究活動のプロセスにおける重要な課題を理解し、以降の研究活動の基盤を形成する。 
This class will examine how to plan and engage in applied psychology research. This will be applied to understand the required elements in the process of preparing and writing a master's thesis, and to understand the fundamentals of research activities to be carried out during the master’s program as well as for a doctorate and beyond. This class forms the foundation for future research activity by enabling students to understand the series of essential tasks that comprise the research process—conducting the research itself, presenting results at conferences, and writing and submitting research articles. 
授業の
内容
Course
Contents
定評のあるテキスト Publication Manual of American Psychological Association (seventh edition) を輪読し、考察していく。受講者はそれぞれ担当章のレジュメを作成し、発表する。発表をもとに討論を行い、研究方法についての理解を深める。 
The well-known text, “ Publication Manual of American Psychological Association (seventh edition),” will be read and examined during the course. Students will be assigned sections to summarize and present to the class. Each presentation will be followed by a class discussion that will further deepen students’ understanding of research methods. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション: 将来のキャリア別に大学院修士課程で必要なこと 
2. 学術論文の書き方と倫理 
3. 論文の要素と形式 
4. 学術雑誌における報告の基準 
5. 記述スタイル 
6. バイアスのない用語 
7. スタイルの決まり 
8. 表と図 
9. 論文中の引用 
10. 引用文献 
11. 引用の方法 
12. 法律事項の引用 
13. 論文の出版過程 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
発表者は担当章のレジュメを作成する。発表者以外でもそれぞれの章の内容には毎回事前に目を通しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容(50%) 、討論参加度(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. American Psychological Association  Publication Manual of the American Psychological Association: seventh edition   American Psychological Association   2020  9781433832161 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 安藤清志・沼崎誠・村田光二 (編)   新版 社会心理学研究入門   東京大学出版会  2009  978-4130120494 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP