シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM206/産業・組織心理学特殊研究
(Advanced Studies in Industrial/ Organizational Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
PRE-SUASION 
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM206 



授業の
目標
Course
Objectives
産業・組織心理学に密接に関わる下記のテキストを用いて、pre-suasionについて考察を深め、以て各自の研究への応用を図る。さらに、研究に対する批判力と、研究を大局的な視点から評価する力を養う。また、研究についてのディスカッションやプレゼンテーションのしかたを身につける。 
The concept of “pre-suasion” which is closely related to Industrial/Organizational psychology will be examined while referring to the below text. Students will seek applications to their research. They will improve their ability to evaluate research critically and take a global view of it. In addition, students will hone their discussion and presentation skills. 
授業の
内容
Course
Contents
Robert Cialdini教授による古典的名著とされる“Influence”が上梓されてから、30年以上が経ている。それは如何に人を動かすかの原理、原則を解説したものである。彼が他人を動かすための前準備のテクニックについて解説したものが、この“Pre-suasion”である。Pre-suasionとは、pre(前)とsuasion(勧告・説得)を合わせたCialdini教授による造語である。本書を輪読する。その際、担当者は、各章(節)を担当して解説する。さらにその章で紹介されている研究の中で、担当者が最も興味深かったと思う研究論文についても調べ、併せてその概要を紹介する。その後受講生の間で議論をして理解を深めるとともに、各人の研究テーマとの関連性を考究していく。 
More than 30 years have passed since Professor Robert Cialdini published his classic book Influence. In it, he explained the theory and principles at play when convincing or getting a person to do something. Then in his book Pre-suasion, he elucidated the technique involved in preparing a person in advance to persuade more easily. Professor Cialdini coined the term “pre-suasion” by combining “pre" (i.e., in advance) with “-suasion” (from “persuasion”). The chapters of Professor Cialdini's book will be divided among the registered students. Each student will be responsible for understanding and explaining his/her assigned section. Within that section, the student should select the research that interested him/her the most, find other related articles, and present a summary. Through discussion and debate, the class will further deepen their understanding of the material and examine its relevance to each student's research. 
授業計画
Course
Schedule
1. 導入 
2. 担当章(節)の決定 
3. Previleged moments 
4. The importance of attention 
5. What's focal is causal 
6. Commanders of attention 
7. The primacy of associations 
8. Persuasive geographies 
9. The mechanics of pre-suasion 
10. Six main roads to change 
11. Being together 
12. Acting together 
13. Ethical use 
14. Post-suasion 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
下記のテキストを輪読する。その際、担当者を各章(あるいは各節)ごとに決める。担当者は、レジュメを作成して、受講者全員に配布する。レジュメには章の要約とそこに示されている1つの研究の要約も記載すること。レジュメに基づいて発表を行った後、全員で討論を行う。自分の担当章(節)以外の部分にも目を通しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
担当発表(50%) 、討論への参加(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Cialdini, R.  Pre-suasion   Simons & Schuster  2016  978-5011-0979-9 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP