シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM215/認知・言語心理学特殊研究
(Advanced Studies in Cognitive and Linguistic Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 浅野 倫子(ASANO MICHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期2 (Spring Semester 2) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) オンライン
春学期2 (Spring Semester 2) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM215 



授業の
目標
Course
Objectives
研究論文を読み、その内容について議論し、認知心理学の、特に言語の認知処理や多感覚情報の結びつけ、注意、物体や情景の認知を中心とした領域の最近の研究動向を知る。さらに、研究に対する批判力と、研究を大局的な視点から評価する力を養う。また、研究についてのディスカッションやプレゼンテーションのしかたを身につける。 
Students will learn about recent trends in cognitive psychology research by reading journal articles and discussing the contents in class. Within cognitive psychology, the class will focus especially on the cognitive processing of language, the integration of sensory input from multiple modalities, attention, and the recognition of objects and scenes. Students will improve their ability to put research into perspective and evaluate it critically. They will also hone their discussion and presentation skills. 
授業の
内容
Course
Contents
認知心理学の、特に言語の認知処理や多感覚情報の結びつけ、注意、物体や情景の認知を中心とした領域の最近の研究論文(基本的に英語論文)を読み、毎回の担当者が発表し、受講者全員で議論する。担当する論文は受講者それぞれの興味を考慮しつつ決める。ただ単に論文の内容を読むだけではなく、論文のIntroductionやDiscussionに書かれている内容について深く掘り下げて読み、その論文の研究が行われた理論的背景や、学問の大きな流れの中での位置づけについても調べ、議論する。そのため、1つの論文を読む際には、他の関連する論文等の調査も欠かせない。また、特に発表者は、これらの内容について、受講者全体の理解や議論を促進できるようなプレゼンテーションを行うことが求められる。このような視点での論文の読み方、ディスカッションのしかた、プレゼンテーションのしかたについて指導する。
上記の通り、認知心理学を中心とした研究領域を主に扱うが、この領域を自分自身の専門としていなくても、この授業の内容に興味を持つすべての学生の履修を歓迎する。 
Students will read recent cognitive psychology research articles (primarily English ones), especially those related to the cognitive processing of language, the integration of sensory input from multiple modalities, attention, and the recognition of objects and scenes. A student will be assigned to present an article in class each day, and then the whole class will discuss and debate it. Articles will be assigned while taking each student’s interests into account. Simply reading the assigned articles will not be sufficient. To prepare for discussion in class, students should delve deeply into the Introduction and Discussion sections of an article and then investigate the theoretical background of the research as well as how it fits into overarching trends in the field. Thus, in order to grasp one article, it will be necessary to survey related articles and other sources. Each student presentation should equip all attendees to understand the material and participate in the discussion. In order to meet the above requirements, students will receive guidance for studying articles, making presentations, and discussing research.
Any student interested in cognitive psychology research and related fields is welcome to register for this course, even if he/she is specializing in a different field. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 発表と討論1 
3. 発表と討論2 
4. 発表と討論3 
5. 発表と討論4 
6. 発表と討論5 
7. 発表と討論6 
8. 発表と討論7 
9. 発表と討論8 
10. 発表と討論9 
11. 発表と討論10 
12. 発表と討論11 
13. 発表と討論12 
14. 発表と討論13 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者は全員、毎回の授業で扱う論文を事前によく読んでくること。また発表担当の論文についてはプレゼンテーションの準備を行う必要がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表(50%) 、毎回の授業での積極的な議論参加(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業内で適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP