シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM301/知覚心理学特殊演習
(Advanced Seminar on Perceptual Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 日高 聡太(HIDAKA SOUTA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM301 



授業の
目標
Course
Objectives
知覚心理学およびその関連領域(認知心理学,実験心理学,神経生理学,認知神経科学)の最新の研究知見に触れ,各自の研究内容の発展および研究成果の公表を目指す。 
Through learning recent research findings in perceptual psychology and related fields (cognitive psychology, experimental psychology, neurophysiology, cognitive neuroscience), this class will promote the development of participants’ own research and enable them to publish their own research findings. 
授業の
内容
Course
Contents
知覚心理学およびその関連領域(認知心理学,実験心理学,神経生理学,認知神経科学)に関する自身の研究内容について,最新の知見と絡めてプレゼンテーション形式で発表を行う。そして,履修者全員で研究内容の改善点や発展案について議論・討論を行う。また必要に応じて教員と個別に面談を行う。これらを通じて,研究成果が国内外の学会だけではなく国際査読誌で公表されるよう,研究内容の深化を行う。
 履修者自身の研究データをもとに授業を進める。そのため,知覚心理学およびその関連領域の研究を遂行している学生の履修を推奨する。 
Each participant will present his/her own research and discuss in relation to the latest findings in perceptual psychology and related fields (cognitive psychology, experimental psychology, neurophysiology, cognitive neuroscience). After each presentation, all students will discuss and debate the contents of the presentation and provide proposals for improvements. If necessary, students have discussions with the mentor. Through these activities, students deepen their own research and prepare for publish their research findings at domestic and international conferences and in a refereed international journal.
 The class will be based on the participants' own research results. Therefore, students who are conducting research in perceptual psychology or a related field may register for this class. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 研究発表・討論(1) 
3. 研究発表・討論(2) 
4. 研究発表・討論(3) 
5. 研究発表・討論(4) 
6. 研究発表・討論(5) 
7. 研究発表・討論(6) 
8. 研究発表・討論(7) 
9. 研究発表・討論(8) 
10. 研究発表・討論(9) 
11. 研究発表・討論(10) 
12. 研究発表・討論(11) 
13. 研究発表・討論(12) 
14. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
自身の研究内容に関連する英語文献を可能な限り多く調べること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表(60%) 、出席・討論(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP