シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM303/認知心理学特殊演習
(Advanced Seminar on Cognitive Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 都築 誉史(TSUZUKI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5220 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM303 



授業の
目標
Course
Objectives
人間の高次認知過程や情報行動に関する履修者ごとのテーマについて,研究発表とカンファレンスを行い,実証的研究を遂行する知識と技能を習得する。 
In this course, students (1) make presentations and hold conferences on subjects related to higher cognitive processes and information behavior and (2) acquire the knowledge and skills to perform empirical research. 
授業の
内容
Course
Contents
発表者は,高次認知過程(記憶,知識,言語理解,問題解決,推論,意思決定など)や情報行動に関する最近の英文学術雑誌論文を広く展望し,批判的な検討を加えて研究テーマを設定し,実験方法も含めたレポート発表を行う。このレポート発表について,全員で討論する。発表技法,研究法(実験手法やデータ解析),論文執筆などに関しても適宜指導を行う。
隔週ごとに研究カンファレンスを実施し,履修者各自の研究と,担当者が中心となって進めている研究の進捗状況について,意見交換や情報交換を積極的に行う。
授業の内容や進め方については,初めに面談を行い,受講者の専門分野や学習希望内容を十分配慮する。 
In this course, students broadly review recent English academic journal articles on higher cognitive processes (e.g., memory, knowledge, language understanding, problem solving, reasoning, decision making) and information behavior and then formally present them to the other students. Critical examination of the research theme should be included, and a report including the experimental method is submitted. All students discuss this report. The instructor also provides guidance on presentation techniques, research methods (experimental methods and data analysis), and the writing of research papers when necessary.
The students in charge hold research conferences every other week and actively exchange opinions, information, and progress on their research. At the beginning of the course, interviews are held regarding the content and method of the course, during which the students’ specialization and the content of their study is carefully considered. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. レポート発表と討論(1) 
3. レポート発表と討論(2) 
4. レポート発表と討論(3) 
5. レポート発表と討論(4) 
6. レポート発表と討論(5) 
7. レポート発表と討論(6) 
8. レポート発表と討論(7) 
9. レポート発表と討論(8) 
10. レポート発表と討論(9) 
11. 実験手法とデータ解析(1) 
12. 実験手法とデータ解析(2) 
13. 実験手法とデータ解析(3) 
14. 実験手法とデータ解析(4) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表内容と発表技量(50%) 、議論への参加と出席(50%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://www2.rikkyo.ac.jp/~tsuzuki/
https://www2.rikkyo.ac.jp/web/tsuzukisemi/  
注意事項
Notice
 


PAGE TOP