シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UM306/産業・組織心理学特殊演習
(Advanced Seminar on Industrial/ Organization Psychology) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
産業・組織心理学、観光心理学、社会心理学の演習 
担当者 (Instructor) 小口 孝司(OGUCHI TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PSY5320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UM306 



授業の
目標
Course
Objectives
産業・組織心理学、観光心理学、社会心理学を行うにあたっての知識、基本的技法を習得するとともに、研究の質を高める方法を具体例を交えながら明らかにしていくことを目標とする。 
This class aims to improve research quality by furnishing the knowledge and techniques required to work in industrial and organizational psychology, tourism psychology, and social psychology. 
授業の
内容
Course
Contents
授業は研究カンファレンスの形式で実施し、履修者各自の研究と、研究室が推進するプロジェクト研究について、進捗状況の報告、意見交換、情報交換、相互アドバイスなどを行う。必要に応じて、必要な技法の習得の実習を行う。 
This course is structured as if it were a research conference. Students give progress reports on their research and on projects underway in their respective laboratories. Based on these reports, they exchange opinions and information and provide each other advice to each other. If necessary, opportunities to practice relevant techniques can be arranged. 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究カンファレンス1 
2. 研究カンファレンス2 
3. 研究カンファレンス3 
4. 研究カンファレンス4 
5. 研究カンファレンス5 
6. 研究カンファレンス6 
7. 研究カンファレンス7 
8. 研究カンファレンス8 
9. 研究カンファレンス9 
10. 研究カンファレンス10 
11. 研究カンファレンス11 
12. 研究カンファレンス12 
13. 研究カンファレンス13 
14. 研究カンファレンス14 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
履修登録の前提として、産業・組織心理学、観光心理学、社会心理学の基礎知識が必須である。履修後はメーリングリスト等で授業に必要な準備の指示を適宜行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
自身の研究の質・量(50%) 、研究カンファレンスでの積極的発言(50%)
テキスト
Textbooks
必要な資料は授業で配布する。
参考文献
Readings
授業中に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP