シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UN122/臨床心理実習2
(Clinical Training 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
臨床心理士養成のための学内実習 
担当者 (Instructor) 松永 美希(MATSUNAGA MIKI)
岡島 純子(OKAJIMA JUNKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) N424(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UN122 



授業の
目標
Course
Objectives
臨床心理士としての技能を体験学習により身につける。学内実習におけるケース担当を通じて、心理検査、心理面接の知識および技能を習得する。 
Through experience-based learning, students will master the skills employed by certified clinical psychologists. By taking charge of cases during on-campus practical training, students will acquire the knowledge and skills required to conduct psychological examinations and interviews. 
授業の
内容
Course
Contents
臨床心理士として面接の技能を体験的に身につけるため、春学期に引き続き、学内実習施設における電話受付実習や面接の陪席や事例検討会への参加により、支援者としての基本的な知識と技能を身につける。学内実習施設においてケース担当を通じて、心理検査、心理面接の知識および技能を習得する。 ケース担当においては個人スーパービジョン、グループスーパービジョン、事例検討会などの場において、面接者としての特徴を理解し、臨床心理士としての技能を向上させる。 
Continuing from the spring semester, the interviewing skills required of a certified clinical psychologist will be honed through experience-based training in telephone reception, observation of client interviews, and participation in case studies, all of which will be held at the on-campus training facility. By taking charge of cases during on-campus practical training, a student will acquire the knowledge and skills required to conduct psychological examinations and interviews. Through individual supervision, group supervision, case study sessions, etc., the case manager will come to understand the traits required of an interviewer as well as improve his/her skills as a clinical psychologist. 
授業計画
Course
Schedule
1. 自己課題の確認 
2. 学内実習施設における電話受付実習  
3. 学内実習施設における電話受付実習  
4. 学内実習施設における電話受付実習  
5. 学内施設における担当ケース指導 
6. 学内施設における担当ケース指導 
7. 学内施設における担当ケース指導 
8. 学内施設における担当ケース指導 
9. 学内施設における担当ケース指導 
10. 学内施設における担当ケース指導 
11. 学内実習施設における事例検討会への参加  
12. 学内実習施設における事例検討会への参加  
13. 学内実習施設における事例検討会への参加  
14. 振り返りとまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
面接の陪席をするケースについての予備学習を行う。陪席の事後学習として振り返りと自己評価を行う。
担当ケースについての予備学習を行う。担当ケースについての振り返りを行い、指導を受けた上で改めて振り返りを行う。
事例検討会の後に、発表事例に振り返り、レポートにまとめる。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、ケース担当(40%) 、電話受付実習(5%) 、事例検討会の振り返りレポート(毎回)(25%)
備考(Notes)
実習、ケース担当、事例検討会の全体を通じて、欠席が3分の1以上の場合には評価は不合格とする
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP