シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UN331/心理実践実習1(基礎)
(Practicum in Psychology 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
公認心理師受験資格の必要科目である心理実践実習の一部 
担当者 (Instructor) 山田 哲子(YAMADA TETSUKO)
飯田 敏晴(IIDA TOSHIHARU)
羽澄 恵(HAZUMI MEGUMI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 1時限(Period 1) N424(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CLP5620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UN331 



授業の
目標
Course
Objectives
公認心理師としての心理実践の実習の基礎を身につける。公認心理師の支援の現場の見学を通じて、(ア) 心理に関する支援を要する者等に関する以下の知識の修得 (1)コミュニケーション (2)心理検査 (3)心理面接 (4)地域支援 等 (イ) 心理に関する支援を要する者等の理解とニーズの把握及び支援計画の作成 (ウ) 心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ (エ) 多職種連携及び地域連携 (オ) 公認心理師としての職業倫理及び法的義務への理解を知的および体験的に習得する。また、学内実習におけるケース担当を通じて、心理検査、心理面接の知識および技能を習得する。 
Students will master the fundamental, practical know-how required of certified public psychologists. Through visits to the actual workplace of a certified public psychologist, students will come to understand the following both intellectually and experientially: (A) knowledge and know-how regarding clients, etc., in particular (1) communication, (2) psychological examinations, (3) psychological interviews, (4) support for communities, etc.; (B) how to understand clients, grasp their needs, and create support plans; (C) team approaches to client support; (D) cooperation among multiple professions and within communities; and (E) the professional ethics and legal obligations of certified public psychologists. By taking charge of cases during on-campus practical training, students will acquire the knowledge and skills required to conduct psychological examinations and interviews. 
授業の
内容
Course
Contents
公認心理師に必要な知識・技能の基礎的な理解の上に、(ア) 心理に関する支援を要する者等に関する以下の知識の修得 (1)コミュニケーション (2)心理検査 (3)心理面接 (4)地域支援等 (イ) 心理に関する支援を要する者等の理解とニーズの把握及び支援計画の作成 (ウ) 心理に関する支援を要する者へのチームアプローチ (エ) 多職種連携及び地域連携 (オ) 公認心理師としての職業倫理及び法的義務への理解について、現場を見学し、実習指導者 又は実習担当教員による指導を受ける。実習施設の分野は、主要5分野のうち、福祉分野、教育分野、産業分野、司法分野に関する学外施設(「公認心理師法施行 規則第三条第三項の規定に基づき文部科学大臣及び厚生労働大臣が別に定める施設」(平成29年文部科学省・厚生労働省告示第5号))のうち、1分野以上。1分野につき、事前学習1時間、見学実習3時間、事後学習1時間。
学内施設である、立教大学心理教育相談所での担当ケースによる心理検査、心理面接の実習。担当ケース1ケースにつき、実践の実施、記録、振り返り、スーパービジョン(個人またはグループ)を含み、1セッションにつき4時間、10セッション以上。 
After understanding the fundamental knowledge and skills that are essential for certified public psychologists, students will visit the actual workplace of a therapist and will receive guidance from the responsible instructor or faculty member in the following areas:
(A) knowledge and know-how regarding clients, etc., in particular (1) communication, (2) psychological examinations, (3) psychological interviews, (4) support for communities, etc.; (B) understanding clients, grasping their needs, and creating support plans; (C) team approaches to client support; (D) cooperation among multiple professions and within communities; and (E) the professional ethics and legal obligations of certified public psychologists. Among the five major fields of practical training, students must complete off-campus training in one or more of the following fields at an eligible institution or institutions: welfare, education, industry, justice.
Note: Eligible institutions are determined separately by the Minister of Education, Culture, Sports, Science & Technology and the Minister of Health, Labour & Welfare based on the Enforcement Regulations Article 3 (paragraph 3) of the Certified Psychological Therapist Act (2017, Ministry of Education, Culture, Sports, Science & Technology / Ministry of Health, Labour & Welfare Notice No. 5) For one field, 1 hour of pre-training, 3 hours of workplace practical training, and 1 hour of follow-up training are required.
Practical training in psychological examinations and interviews is conducted on-campus at Rikkyo University, at the Psychological Counseling Center, for the case(s) being managed by each student. For each case, ten sessions are required. Each session lasts for 4 hours and includes practice, record keeping, debriefing, and supervision (individual or group). 
授業計画
Course
Schedule
1. 公認心理師となるための実習の意義について 
2. 見学実習事前学習 
3. 見学実習 
4. 見学実習事後学習 
5. 学内施設における担当ケース指導 
6. 学内施設における担当ケース指導 
7. 学内施設における担当ケース指導 
8. 学内施設における担当ケース指導 
9. 学内施設における担当ケース指導 
10. 学内施設における担当ケース指導 
11. 学内施設における担当ケース指導 
12. 学内施設における担当ケース指導 
13. 学内施設における担当ケース指導 
14. 振り返りとまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
公認心理師の職責、すなわち① 公認心理師の役割 ② 公認心理師の法的義務及び倫理 ③ 心理に関する支援を要する者等の安全の確保 ④ 情報の適切な取扱い ⑤ 保健医療、福祉、教育その他の分野における公認心理師の具体的な業務 ⑥多職種連携及び地域連携 についての基礎的な学習を予習として行う。見学実習に行く分野についての予備学習を行う。担当ケースについての予備学習を行う。見学実習の事後学習として振り返りと自己評価を行う。担当ケースについての振り返りを行い、指導を受けた上で改めて振り返りを行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、見学実習事前学習(10%) 、見学実習(30%) 、見学実習事後学習(10%) 、担当ケース振り返りレポート(20%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP