シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UP353/映像身体学特殊研究3
(Advanced Studies in Body Expression and Cinematic Arts 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
精神分析と美学 
担当者 (Instructor) 田崎 英明(TAZAKI HIDEAKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) N335(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC5320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UP353 



授業の
目標
Course
Objectives
1.自分が普段読み慣れている言語以外の言語で哲学や美学の文献を読みこなせるようになる。
2.現代の批評理論の概要を理解し、自分自身でも具体的に作品を理論的に批評できるようになる。
3.現代の政治運動/政治思想/政治哲学において問われていたことが何であるのかを理解し,その現代的な意義を論じることができるようになる。 
The purposes of this course are for students to: 1. become accustomed to reading philosophy and aesthetics literature in a language other than that they typically use;
2. learn how to write concrete, theory-based critiques of art works after understanding the gist of modern critical theory; and
3. understand why certain concerns and themes arose within modern political movements, political thought, and political philosophies, thereby gaining the ability to debate their contemporary meaning. 
授業の
内容
Course
Contents
精神分析と美学に関わる著作を複数の言語で読み、議論していく。 
The purpose of this course is for students to read works concerning the relationship between psychoanalysis and aesthetics in multiple languages and then discuss and debate them. 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに 
2. アブラハム、トロク『表皮と核』1 
3. アブラハム、トロク『表皮と核』2 
4. アブラハム、トロク『表皮と核』3 
5. アブラハム、トロク『表皮と核』4 
6. アブラハム、トロク『表皮と核』5 
7. アブラハム、トロク『表皮と核』6 
8. 中間のまとめ 
9. リオタール『言説形象』1 
10. リオタール『言説形象』2 
11. リオタール『言説形象』3 
12. リオタール『言説形象』4 
13. リオタール『言説形象』5 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
自分がいつも読み慣れている外国語以外の言語にも積極的に取り組むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取り組み(100%)
テキスト
Textbooks
立教時間にアップする。
参考文献
Readings
授業中に指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP