シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UP357/映像身体学特殊研究7
(Advanced Studies in Body Expression and Cinematic Arts 7) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
伝統芸能の言葉と身体 
担当者 (Instructor) 横山 太郎(YOKOYAMA TARO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) N324(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC5320 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UP357 



授業の
目標
Course
Objectives
日本の伝統芸能における言語表現と身体表現の仕組みを理解する。 
The goal of this course is to understand the mechanism of linguistic expression and body expression in Japanese traditional performing arts. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期には、能と文楽の作品を一つずつ取り上げる。それぞれにつき、次のような順番で授業を進める。(1)台本の言語表現の分析、(2)ビデオ映像を通じた身体表現の分析、(3)可能な場合は劇場で作品を鑑賞。授業で扱う作品は、参加者と相談しつつ、この時期の上演作品や映像の入手可能性を考慮して決める。 
In the spring semester, Noh and Bunraku's works are focused one by one. For each topic, this course proceeds in the following order. (1) analysis of the linguistic expression of the script, (2) analysis of the body expression through video images, and (3) if possible, actually watching the work in the theater. The work to be dealt with in class is decided in consultation with the participants as we take into account the availability of videos and the performance schedule at this time. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 能楽概説及び作品の背景 
3. 能楽作品の言語表現(1) 
4. 能楽作品の言語表現(2) 
5. 能楽作品の身体表現(1) 
6. 能楽作品の身体表現(2) 
7. 学生による読解の発表 
8. 文楽概説及び作品の背景 
9. 文楽作品の言語表現(1) 
10. 文楽作品の言語表現(2) 
11. 文楽作品の身体表現(1) 
12. 文楽作品の身体表現(2) 
13. 学生による読解の発表 
14. 授業のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
指定されたテキストを読んでくること。作品を鑑賞すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表課題(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 郡司正勝  かぶきの美学   演劇出版社  1998  978-4900256477 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
オンライン授業をベースに、参加者と相談して対面回を取り混ぜる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP