シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
UP423/映像論ワークショップ3
(Workshop on Video and Cinema 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 篠崎 誠(SHINOZAKI MAKOTO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) N636(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BEC5120 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) UP423 



授業の
目標
Course
Objectives
修了制作(長編映画)に向けてのシナリオ執筆 
Students will write scenarios in preparation for completing a production (full-length film). 
授業の
内容
Course
Contents
長編映画の企画開発、プロット化からシナリオ執筆までを指導する。応募資格は少なくともこれまで2本以上の映画を監督したか、またはメインスタッフとして経験したものに限る。未経験者は不可(例外は認めない)。 
This class will provide guidance for planning a full-length film, from plan development and turning the plan into a plot, to scenario writing. The class is open to students who have directed at least 2 films or who have experience as a main staff member in the production of a film. The class is closed to students without such experience (no exceptions will be made).  
授業計画
Course
Schedule
1. 企画立案に向けての話し合い① 
2. 企画立案に向けての話し合い② 
3. 企画立案に向けての話し合い③ 
4. 企画立案に向けての話し合い④ 
5. 企画立案に向けての話し合い⑤ 
6. 企画立案に向けての話し合い⑥ 
7. 企画立案に向けての話し合い⑦ 
8. プロット、シナリオ講評① 
9. プロット、シナリオ講評② 
10. プロット、シナリオ講評③ 
11. プロット、シナリオ講評④ 
12. プロット、シナリオ講評⑤ 
13. プロット、シナリオ講評⑥ 
14. プロット、シナリオ講評⑦ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
自分が撮りたい企画について、漠然としたものではなく、具合的なアイデア、設定を考えておくことが最低限必要。

 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席及び授業への取り組み(50%) 、企画(プロット・シナリオ)の進行具合で評価(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP