シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究基礎
(Basic seminar for master's thesis) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 斉藤 知洋(SAITO TOMOHIRO),原田 晃樹(HARADA KOKI),石渡 貴之(ISHIWATA TAKAYUKI),加藤 晴康(KATO HARUYASU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH6620 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD200 



授業の
目標
Course
Objectives
研究テーマの確定、指導教員選択に向けての導入期科目。レジュメ作成方法、資料検索方法、論文作成方法、テーマ選定、研究アプローチ等、研究する上での基礎的研究手法を学ぶ。  
It is an Introduction Phase subject aimed at deciding your research theme and selecting your academic advisor. You will learn the fundamentals of performing research, such as how to prepare a résumé, search materials, prepare a thesis, select a theme, and approach research.  
授業の
内容
Course
Contents
研究基礎では,福祉/スポーツに関わる臨床・実証研究を行ううえで必須となる調査方法論に関する文献講読とともに,受講生の研究報告を行う.修士論文作成に向けて,受講者の研究関心を批判的に検討し,その研究枠組み(research design)を確立させることを目的とする。授業は,①調査方法論に関するテキストの輪読,②受講生による研究構想報告と先行研究の報告,③担当講師の講義(必要に応じて)から成る。
 
In this class, students will report on their research while reading the literature on research methodologies that are essential for conducting empirical research related to welfare and sports. The purpose of this class is to critically examine the research interests of the students and to establish their research design in preparation for their master's thesis. The class course consists of (1) reading a textbook on survey methodologies, (2) reports on research concepts and previous research by students, and (3) lectures by the instructor in charge. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:授業目的・評価方法等についての説明(原田) 
2. 研究/論文とは何か:論文の構成・体裁、先行研究や研究テーマの見つけ方(原田・石渡) 
3. 研究倫理とは何か、倫理申請について(加藤) 
4. 調査文献講読①:Chapter1 The Nature of Surveys 調査方法の種類(斉藤)
 
5. 調査文献講読②:Chapter2 Theory and Social Research 既存統計データの収集と整理(斉藤)
 
6. 調査文献講読③:Chapter3 Formulating and Clarifying Research Questions 探索型/仮説検証型の問い(斉藤)
 
7. 研究構想の中間報告 
8. 調査文献講読④:Chapter4 Developing Indicators for Concepts 質問紙調査による概念の測定(斉藤)
 
9. 文献報告① 先行研究の批判的検討(斉藤)
 
10. 文献報告② 統計指標の読み方(斉藤)
 
11. 文献報告③ 統計手法の種類(斉藤) 
12. 文献報告④ まとめ(斎藤) 
13. 大学院生活の過ごし方(先輩からの体験談) 
14. 総括・研究構想の発表(原田) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
研究テーマに関連する先行研究(日本語・英語どちらでもよい)の内容をレジュメをもとに報告する(1回のゼミにつき2~3名報告)。また、現時点で予定している修士論文の研究テーマについて,研究構想を報告する(大学院入試の研究計画書を土台にしてもよい)。したがって、これらについての準備が必要となる。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席点と提出課題の内容(100%)
備考(Notes)
プレゼンテーション・報告レジュメの完成度,ディスカッションを通じた授業への貢献度を重視する.出席は成績評価の前提とする。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Vans, de D.  Surveys in Social Research, Sixth Edition   Routledge.  2014   
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 津島昌寛・山口洋・田邊浩編  数学嫌いのための社会統計学[第2版]   法律文化社  2014   
2. ボーンシュテット・ノーキ(海野道郎・中村隆 監訳)  社会統計学   ハーベスト社  1990   
3. 日本学術振興会編  科学の健全な発展のために――誠実な科学者の心得   丸善出版  2015   
4. 杉野勇  入門・社会統計学――2ステップで基礎から[Rで]学ぶ   法律文化社  2017   
5. 轟亮・杉野勇  入門・社会調査法――2ステップで基礎から学ぶ[第3版]   法律文化社  2017   
6. G.キング・R.O. コヘイン・S. ヴァーバ(馬渕勝 監訳)  社会科学のリサーチ・デザ イン――定性的研究における科学的推論   勁草書房  2004   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP