シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VD324/ソーシャルワーク研究4
(Studies in social work 4) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
福祉マネジメントを学ぶ 
担当者 (Instructor) 飯村 史恵(IIMURA FUMIE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD324 



授業の
目標
Course
Objectives
社会福祉において利用者主体が言われて久しいが,福祉サービス提供組織には何が求められているのだろうか。講義を通じて,新たな組織のあり方や組織の中核となる人材育成の課題等を,福祉マネジメントという観点から学び,各々の研究課題に引き付けて,理解を深めることを目標とする。 
Although social welfare programs are presented as for the benefit of recipients, what exactly is expected of organizations that provide welfare services? The aim is to deepen our understanding of the issues around the new state of organizations and training the staff that make up the core of such organizations through lectures from the viewpoint of welfare management and tying that to the individual student research topics. 
授業の
内容
Course
Contents
従来,社会福祉サービス提供組織においては,マネジメント機能が十分意識化されず,未確立の状態にあったとされている。しかし,限られた資源を効果的に配分し,質の高いサービスが求められる今日,福祉マネジメントへの期待は大きい。組織の実情と克服すべき課題を見極め,今後のあるべき方向性について議論を深める。 
Originally, the management functions of organizations that provided social welfare services were not given sufficient consideration and were in an incomplete state. But in today’s world where the efficient distribution of limited resources and a high-quality service is demanded, the expectations on welfare management are high. We will take a close look at the current condition of organizations and the issues they must conquer and then debate the direction these organizations should take in the future. 
授業計画
Course
Schedule
1. 社会福祉におけるマネジメントの意義 
2. 福祉サービス提供体制と組織の実態 
3. マネジメントの実際/組織目標と達成プロセス 
4. マネジメントの実際/チームアプローチと人材育成 
5. マネジメントの実際/「社会福祉法人改革」の歴史的検討 
6. マネジメントの実際/リスクマネジメント 
7. マネジメントの実際/サービスの質を向上するシステムと技法 
8. 事例研究1/プレゼンテーション 
9. 事例研究2/プレゼンテーション 
10. 事例研究3/プレゼンテーション 
11. 事例研究4/プレゼンテーション 
12. 事例研究5/プレゼンテーション 
13. 事例研究6/プレゼンテーション 
14. まとめと今後の課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
受講者各自の研究テーマに即したプレゼンテーションを準備すること。
詳細は授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業内プレゼンテーション(40%) 、授業への参加態度(20%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
授業時に適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP