シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VD454/スポーツウエルネス研究4
(Studies in Sports Wellness 4) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
スポーツ生理学,神経科学 
担当者 (Instructor) 石渡 貴之(ISHIWATA TAKAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) N225(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CMH5410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VD454 



授業の
目標
Course
Objectives
スポーツ生理学そして神経科学の話題を国際雑誌の論文などの文献から学び,パフォーマンスに対する生理・神経機能の働きやその向上方法について理解を深める。 
Learn topics in sports physiology and neuroscience from papers in the academic literature in international journals and deepen your understanding of the working of physiology and neuroscience on performance and methods for improving this. 
授業の
内容
Course
Contents
本講義では英語のスポーツ生理学そして神経科学の文献や教科書を教材に学ぶほか,受講生の自主的な研究活動をサポートする目的として,受講生が自ら選んだ国際雑誌の論文などを精読し,内容を発表し,その後,内容について解説し議論する。 
In this course, in addition to learning from textbooks and the literature on sports physiology and neuroscience in English, students will read an academic paper from an international journal of their choosing, present a summary, and then analyze and debate the contents thereof, with the purpose of supporting their main research activities. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 神経科学研究の手法 
3. スポーツ生理学研究の手法,倫理申請書の書き方 
4. 神経科学講義(1) 
5. 神経科学講義(2) 
6. 神経科学講義(3) 
7. 英語文献発表およびディスカッション(1) 
8. 英語文献発表およびディスカッション(2) 
9. 英語文献発表およびディスカッション(3) 
10. 英語文献発表およびディスカッション(4) 
11. 英語文献発表およびディスカッション(5) 
12. 英文査読方法(1) 
13. 英文査読方法(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は,履修登録完了後にBlackbord上で履修者に対して行う。各自が確認して予習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
授業における発表(30%) 、授業における討論(20%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
Journal of Applied Physiology, Medicine and Science in Sports and Exercise , Neuroscience Letters, Brain Research, Journal of Thermal Biology
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP