シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG336/インダストリアルマネジメント2
(Industrial Management 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 秋野 晶二(AKINO SHOJI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) 4410(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6600 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VG336 



授業の
目標
Course
Objectives
イノベーションに関連する基本文献を読み、イノベーション論の基本的な内容を学ぶとともに、学術研究の読解能力を養うことを目標とする。春学期にひき続いて、今日のイノベーションを理解するうえでも示唆に富むクレイトン・クリステンセンの『イノベーションのジレンマ』を読解する。 
The aim is to read basic literature related to innovation, to learn the basic contents of innovation theory, and to develop the ability to read academic research. Continuing from the spring semester, read Clayton Christensen's Dilemma of Innovation, which is inspiring in understanding today's innovation. 
授業の
内容
Course
Contents
 講義にあたっては、テキストの各章を受講者相互の議論を通じて読解していく。
 受講者は、毎回の講義に先だって、テキストの各章を詳細に熟読し、読解して、論点や質問を整理したうえで参加しなければならない。その上で参加者全員が各文章、段落ごとの内容を説明、発表、報告しあい、また適宜討論をしながらまとめていく。また必要に応じて、各章のレジュメやノート、課題の提出、関連する他の文献のレジュメ提出などしながら、適宜、講義の内容を深め、整理することで、テキストを深く読解していく。
 本講義では、単に内容を理解するというだけではなく、テキストの背景にある理論や様々な議論・論争、さらに筆者の考え方などにも言及しながら、受講者の理解が深まるまで、時間をかけて議論・読解を行うため予定通り進行するとは限らない。こうすることで、参加者各自が論文執筆にあたっての方法をも合わせて学ぶ。
 なお本講義は、春学期で学んだ続きから始めるので、春学期に「インダストリアルマネジメント1」を受講しておくことが望ましい。また講義の進め方は最初の講義(オンラインで実施予定)で説明する。受講者数に応じて進め方や内容を変更する場合があるので、最初の講義に参加をすること。(講義情報はBlackboardにて公開する。) 
In the lecture, each chapter of the text will be read through discussions among the students.Before each lecture, students should carefully read and understand each chapter of the text, read and comprehend issues and questions, and participate. After that, all the participants explain, present, and report the contents of each sentence and paragraph, and summarize them while discussing as appropriate. In addition, as necessary, the text of the lecture will be deeply understood by deepening and organizing the contents of the lecture, as appropriate, while submitting resumes, notes and assignments for each chapter, and submitting resumes for other related documents.
In this lecture, we will take time not only to understand the content but also to deepen the students' understanding while referring to the theory behind the text, various debates and controversies, and the author's way of thinking. It does not always go as planned for discussion and reading. In this way, each participant learns how to write a dissertation.
Because this lecture starts from the semester I learned in the spring semester, it is desirable to take “Industrial Management 1” in the spring semester. In addition, how to proceed with the lecture will be explained in the first lecture, but attendance to the first lecture (Online lecture) is mandatory because the procedure and content may change depending on the number of students. (The lecture information is released in 'Blackboard'.) 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、春学期での学習の確認 
2. 上位市場への移行(1) 
3. 上位市場への移行(2) 
4. 破壊的技術と組織(1) 
5. 破壊的技術と組織(2) 
6. 組織の規模と市場の規模(1) 
7. 組織の規模と市場の規模(2) 
8. 新しい成長市場への進出(1) 
9. 新しい成長市場への進出(2) 
10. 組織の能力の枠組み(1) 
11. 組織の能力の枠組み(2) 
12. 性能の供給過剰と競争基盤の変化(1) 
13. 性能の供給過剰と競争基盤の変化(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
本講義受講にあたっては、テキストを入手し、毎回の講義に先だって、テキストの各章を読解し、論点の整理や疑問点の確認、課題を済ませたうえで参加しなければならない。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小レポート(40%) 、毎回の提出物(35%) 、出席・発言等(25%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. クレイトン・クリステンセン  『イノベーションのジレンマ』   翔泳社     
その他(Others)
参考文献
Readings
必要に応じて適宜、講義において指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP