シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG731/修了研究A
(Study of Master's Thesis A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 山中 伸彦(YAMANAKA NOBUHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究1」 
テキスト用コード (Text Code) VG731 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文(ビジネスリサーチ)あるいは修士論文(ビジネスデザイン)の作成 
Writing a master's academic paper (business research) or a master's academic paper (business design) 
授業の
内容
Course
Contents
 この授業は修士論文(ビジネスリサーチ)あるいは修士論文(ビジネスデザイン)を執筆するための研究論文指導を行うことを目的とする。
 修士論文(ビジネスリサーチ)においては、自己の実務経験や社会経験という素材を批判的に捉え、そこから自己の問題関心を見つめ、これに基づいて、社会や経営現象に対する具体的な問いを立て、社会科学的な探求課題へと練り上げていく必要がある。
 そのためには、同様の関心からどのような研究が行われてきたのか、研究対象である社会現象に対してどのような観点から研究が行われてきたのかを丁寧に検討し、そのうえで独自の研究課題を設定する必要がある。
 加えて、社会科学的な探求を実践するには、適切な方法の選択が不可欠である。従って、研究課題に適合的な方法を選択するには、一定の方法論的な知識が要求されることとなろう。
 修士論文(ビジネスデザイン)の指導では、創造的な事業を構想し、具体的なビジネスプランとして策定することを目的とする。外部環境と内部環境を分析し、社会生活に関わる問題を発見した上でこれらを解決するための新たな事業を構想し、これを具体的な実行可能プランにするための計画を策定する。それは新たな価値を社会に提供するものであり、社会の豊かさに貢献するものでなければならない。それゆえビジネスに関する単なる技法だけではなく、社会や人間の生活に対する深い洞察やビジネスの本質についての議論を深めることが重要となる。
本授業では、ディスカッション及び個別指導を通じて、上記の点について指導する。 
The purpose of this class is to provide research paper guidance for writing a master academic paper (business research) or a master academic paper (business design).
In a master's academic paper (business research), it is necessary to take a critical view of the material of ones own practical experience and social experience, to look at the problem of interest from there, and based on this, to formulate concrete research questions about society and management phenomena, and to refine them into social science research subjects.
For this purpose, it is necessary to carefully consider what kind of research has been conducted from the same interests and from what viewpoint has the social phenomenon of the research subject been conducted, and then set a unique research question.
In addition, the selection of appropriate methods is essential to the practice of social science inquiries. Therefore, a certain methodological knowledge is required to select a method suitable for the research issue.
For a master's academic paper (business design), the goal is to conceptualize a creative business and formulate it as a concrete business plan. After analyzing the external and internal environments and discovering problems related to social life, a new business is conceived to solve these problems, and a plan is drawn up to make this a concrete and feasible plan. It should provide a new value to society and contribute to the enrichment of society. Therefore, it is important to deepen the discussion regarding the essence of business and have a deep insight into the society and lives of humans, rather than just the techniques of business.
In this class, we will learn the above points through discussions and tutoring. 
授業計画
Course
Schedule
1. 問題意識を練る・ビジネスデザインについて 
2. 問題意識を練る・ビジネスデザインの5つのステップ 
3. 具体的「問い」を立てる・事業機会の分析と把握 
4. 具体的「問い」を立てる・事業機会の分析と把握 
5. 先行研究を検討する・事業機会の分析と把握 
6. 先行研究を検討する・ビジネスプランの中間報告 
7. 先行研究を検討する・事業機会の発見 
8. 調査方法を検討する・事業機会の発見 
9. 調査方法を検討する・事業機会の発見 
10. 調査方法を検討する・ビジネスプランの中間報告 
11. 仮説を構築する・ビジネスモデルの構想と構築 
12. 仮説を構築する・ビジネスモデルの構想と構築 
13. 仮説を構築する・ビジネスモデルの構想と構築 
14. ビジネスリサーチあるいはビジネスプランの中間報告 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の課題、作業に取り組んだうえで授業に臨みましょう。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
毎回の報告(100%)
テキスト
Textbooks
各自のテーマに合わせて必要な文献を指示します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ビジネスリサーチに取り組む方は調査法関係の科目を履修しておくとよいでしょう。ビジネスデザインに取り組む方は、会計系、財務系の科目、戦略やマーケティングなどの科目を体系的に履修しておくとよいでしょう。加えてビジネスデザインモジュールの科目を履修することをお勧めします。

【双方向による授業】
本科目は、受講生によるプレゼンテーションと相互フィードバックによるディスカッション形式で授業を展開する。双方向による授業の割合は100%(14回中14回)である。 
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP