シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG734/修了研究B
(Study of Master's Thesis B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 斎藤 明(SAITO AKIRA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究2」 
テキスト用コード (Text Code) VG734 



授業の
目標
Course
Objectives
高度専門職業人として産業界等の現実課題に対して貢献する研究およびビジネスプラン作成を行う。
1.ビジネスリサーチ:テーマ設定と仮説・検証方法を習得し、論理的な思考を修得する。
2.ビジネスデザイン:内外の事業環境に最適なビジネスプランを作成する。 
As advanced professional, we will conduct academic research and develop business plans, in order to contribute to the solution towards real problems in industry or other fields.
1. Business research: Exploreing the research question, learning the hypothesis verification method and the process of logical thinking through writing the master's thesis.
2. Business design: Developing the business plan to realize attractive market creation. 
授業の
内容
Course
Contents
研究テーマもしくは事業領域を設定することを目的に、関心領域と先行研究もしくは事業環境について、各自実施し、その成果を履修者相互に共有し議論することを経て、研究テーマや事業領域を絞り込む。
各自の論文ないしビジネスプランの進捗状況を確認しながら、履修者相互で、各自の論文とビジネスプランを比較し、学習し、自分自身の改善すべき点を確認し、検討する。
尚、主な研究指導に関するテーマは、マーケティングおよび消費者行動に関する領域であることが望ましい。 
In order to set research themes or business areas, you will go about in your own research area and prior research or business environments, and after sharing and discussing the results among the other students, you will refine your research themes and business areas.
We will review the progress of writing master's thesis and making a business plan, and each thesis and business plan will be improved.
Moreover, it is desirable that the main topic of research is related to the area of marketing and consumer behavior.

 
授業計画
Course
Schedule
1. 夏期休暇の研究調査進捗状況の確認と指導 (1) 
2. 夏期休暇の研究調査進捗状況の確認と指導 (2) 
3. 進捗状況確認とグループ指導(1) 
4. 進捗状況確認とグループ指導 (2) 
5. 中間報告に向けた個別指導(1) 
6. 中間報告に向けた個別指導(2) 
7. 中間報告に向けた個別指導(3) 
8. 中間報告に向けた個別指導(4) 
9. 最終作成に向けた個別指導(1) 
10. 最終作成に向けた個別指導(2) 
11. 最終作成に向けた個別指導(3) 
12. 最終作成に向けた個別指導(4) 
13. 最終報告会に向けた準備(1) 
14. 最終報告会に向けた準備(1) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
1.調査研究計画に基づき、夏期休暇中に各種研究調査の実行を前提とした参加を推奨します。
2.各自、毎回の課題、作業に取り組んだうえで授業に臨むことを推奨します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
参加度(40%) 、クラス討議貢献度(20%) 、アウトプット完成度(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
※原則として、全授業回をオンラインでの実施予定。但し、状況により1回程度対面実施を検討する。

修了研究(ビジネスリサーチ)履修者:ブランド、消費者行動、マーケティングに関する学術書・学術論文の精読
修了研究(ビジネスデザイン)履修者:ビジネスモデル、競争戦略に関する学術書・学術論文の精読

以上が、大学院での学びの基礎を構築し、豊かな時間をもたらします。 
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP