シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG745/修了研究A
(Study of Master's Thesis A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 大山 利男(OYAMA TOSHIO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究3」 
テキスト用コード (Text Code) VG745 



授業の
目標
Course
Objectives
農業および食品産業の関連性を「フードシステム」の視点で理解し,農産物(モノ)の流通にくわえて,食品安全・付加価値情報の流通,表示・認証,マーケティングなどについて理解する。 
The relationship between agriculture and the food industry is looked at from a “food system” perspective, and in addition to distribution of agricultural products (goods), distribution of food safety and value added information, display and certification, marketing, etc. are looked at. 
授業の
内容
Course
Contents
農業は,さまざまな関連産業と結びついて多くのビジネス機会を提供している。農業および関連産業は,一方でグローバル化を指向するが,他方でローカル化に強みを発揮する事業者も少なくない。この授業では, 農業および関連産業をフードシステムという視点で把握し,そこに見られる具体的な問題点や論点について考察する。 
Agriculture offers many business opportunities through being linked with various related industries. In agriculture and related industries, there are not few businesspersons who aim for globalization, and demonstrate the strength needed for localization. In this class, agricultural and related industries are looked at from a food system viewpoint, and the concrete problems and problems observed there are examined. 
授業計画
Course
Schedule
1. 農産物市場の特性(1) 
2. 農産物市場の特性(2) 
3. 食品産業とフードシステム(1)
(食品産業の発展とフードチェーン,インテグレーション) 
4. 食品産業とフードシステム(2)
(食品産業の発展とフードチェーン,インテグレーション) 
5. 品質とは何か
(品質属性,付加価値,付加的サービスほか) 
6. 情報の不完全と表示(1)
(情報の不完全,品質・安全をめぐるモラルハザード問題) 
7. 情報の不完全と表示(2)
(情報の不完全,品質・安全をめぐるモラルハザード問題) 
8. 食のリスク管理(1)
(安全基準・表示規制等) 
9. 食のリスク管理(2)
(生産情報トレーサビリティシステム) 
10. 表示制度と基準・認証(1) 
11. 表示制度と基準・認証(2) 
12. 表示制度と基準・認証(3) 
13. 産地呼称制度,地域ブランド(1) 
14. 産地呼称制度,地域ブランド(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は,履修登録後にBlackboard上で行う。各自が確認して予習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業時の発表(30%) 、議論への貢献(40%) 、授業内レポート(30%)
テキスト
Textbooks
授業時に指示する。
参考文献
Readings
授業時に随時紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP