シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG778/修了研究B
(Study of Master's Thesis B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 沢柳 知彦(SAWAYANAGI TOMOHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究4」 
テキスト用コード (Text Code) VG778 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文作成への助言を行なう。 
Advising on the creation of a master's academic paper. 
授業の
内容
Course
Contents
- ファイルバージョン管理
- 論文テーマ設定
- ビジネスモデルの考え方
- 比較競争力の考え方
- リソースの確保
- 収支計算
- ROI計算
 
- File version management
- Academic paper theme setting
- Business model building
- Comparative competitiveness building
- Securing of resources
- P&L calculation
- ROI calculation
 
授業計画
Course
Schedule
1. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
2. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
3. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
4. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
5. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
6. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
7. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
8. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
9. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
10. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
11. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
12. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
13. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
14. 原則として土曜日1・2限とするが、受講生と相談のうえ決定する 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
指導面談の際の準備状況・質疑応答(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP