シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG779/修了研究A
(Study of Master's Thesis A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 安田 直樹(YASUDA NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究3」 
テキスト用コード (Text Code) VG779 



授業の
目標
Course
Objectives
ビジネスリサーチおよびビジネスデザインを作成するための助言と指導を行うこと。 
Provide advice and guidance for creating business research and business designs. 
授業の
内容
Course
Contents
研究テーマは各自の問題意識に基づいて決定するが、教員はマクロ組織論や戦略論を理論的ベースとした企業の戦略に関する定量的実証研究を専門としている。論文は(1)研究質問の設定、(2)先行研究の検討、(3)理論・仮説構築、(4)インタビュー調査・ケース分析、(5)データ収集、(6)データ解析、(7)結論の導出というプロセスで構成され、各プロセスで修正を加えながらこれらの作業を繰り返すことで進められる(事例分析の場合は(5)、(6)を除く)。修了研究Aでは、はじめに論文とは何かに関するレクチャーを行う。そのうえで、研究質問の設定と研究手法の検討まで行うことを想定している。運営方法はゼミ形式を予定しているが、人数に応じて学生と相談のうえ決定する。また、指導内容、指導時間などは学生の進捗や予定に合わせて臨機応変に対応する。 
Research topics are determined based on each individual's problem awareness, but the faculty specializes in quantitative empirical research on corporate strategy based on macro-organizational theory and strategy theory. The academic paper consists of the following processes: (1) formulation of the research question, (2) review of previous studies, (3) theory and hypothesis development, (4) interview survey and case analysis, (5) data collection, (6) data analysis, and (7) drawing of conclusions. In the case of "case study analysis", (5) and (6) are excluded. In this course, a lecture on what a thesis is is given at the beginning. This course is planned to be seminar-style, but this will be decided after consultation with the students depending on the number of students. The content and time of instruction will be flexible according to the progress and schedule of the students. 
授業計画
Course
Schedule
1. 運営方法について 
2. 論文を書くということ(1) 
3. 論文を書くということ(2) 
4. 問題意識 
5. 問題意識 
6. 研究質問の設定 
7. 研究質問の設定 
8. 先行研究の検討 
9. 先行研究の検討 
10. 先行研究の検討 
11. 理論・仮説構築 
12. 理論・仮説構築 
13. 研究手法の検討 
14. 研究手法の検討 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
院生のテーマと進捗に合わせて指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の報告(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
院生のテーマと進捗に合わせて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP