シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VG788/修了研究B
(Study of Master's Thesis B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 庄司 貴行(SHOJI TAKAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 「その他」登録/2015年度以前入学者は「修了研究4」 
テキスト用コード (Text Code) VG788 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文の完成に向けて、必要な知識およびスキルを習得する。 
Acquire the necessary knowledge and skills to complete a master's academic paper. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目では,経営組織論の理論的発展および主要理論を整理するとともに,現代的な課題,なかでもグローバル化とイノベーション創出をテーマとして研究することが,基本的な関心である。
そのうえで,以下の領域に関心のある学生を指導する。
1)ホスピタリティ・ビジネスにおける今日的課題に関する研究
2)ホスピタリティ・ビジネスの国際経営比較研究
3)ホスピタリティ・ビジネス分野におけるニュー・ビジネスに関する研究
4)観光研究の新領域としてのラグジュアリービジネスに関する研究
5)企業組織に関する研究
6)組織と社会との関係に関する研究
7)組織と個人との関係に関する研究 
In this discipline, the fundamental interest is to study modern problems, especially globalization and innovation creation, as well as to arrange theoretical development and the main theories of Organizational Management.
Moreover, we will guide students who have an interest in the following areas:
1) Research on current issues in hospitality business
2) Comparative study of international management of hospitality business
3) Research on new businesses in the fields of hospitality business
4) Research on luxury business as a new area of tourism research
5) Research on corporate organization
6) Research on the relationship between organizations and society
7) Research on the relationship between organizations and individuals 
授業計画
Course
Schedule
1. 研究対象の検討 
2. 研究テーマ・仮説の検討 
3. 研究意義の検討 
4. 研究方法の検討 
5. 仮説とその検定 
6. 目次の作成 
7. 先行研究の整理 
8. 参考文献と注釈 
9. 論文の体裁と表記 
10. 論文作成の指導1 
11. 論文作成の指導2 
12. 論文作成の指導3 
13. プレゼンテーションの指導1 
14. プレゼンテーションの指導2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
同一担当教員の修了研究Aを履修していること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への取組み(100%)
テキスト
Textbooks
特に指定しない。
参考文献
Readings
授業において必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP