シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VH890/都市経済学2
(Urban Economics 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) デウィット,A.(DEWIT,ANDREW) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 6201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VH890 



授業の
目標
Course
Objectives
比較的な観点からみた日本における災害に強いスマートシティについて学習する。 
Learn about smart communities and smart cities in Japan from a comparative perspective. 
授業の
内容
Course
Contents
コース運営については参加者と話し合いの上、決定する。1冊にまとまった教科書はないため、スマートコミュニティやスマートシティなどのテーマに応じて、関連する論文等を読んでいく。 
How the course will be conducted will be decided after discussion with the participants. Since there is no textbook that covers everything, we will read related academic papers based on the theme of smart communities and smart cites. 
授業計画
Course
Schedule
1. 世界における都市化とSDGs 
2. スマートシティと「レジリエンス」 
3. 実例:日米スマートシティ協力1 
4. 実例:日米スマートシティ協力2 
5. 実例:日欧スマートシティ協力1 
6. 実例:日欧スマートシティ協力2 
7. 実例:日印スマートシティ協力1 
8. 実例:日印スマートシティ協力2 
9. 実例:積水とスマートシティ 
10. 実例:日本アジアグループとスマートシティ 
11. 実例:日立とスマートシティ 
12. 実例:日建設計とスマートシティ 
13. 実例:トヨタとスマートシティ 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習については、別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、プレゼンテーション(30%) 、ディスカッション(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
スマートシティ官民連携プラットフォーム
https://www.mlit.go.jp/scpf/
2030アジェンダ
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/ 
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP