シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL003/ビジネスシミュレーション
(Business Simulation) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 斎藤 明(SAITO AKIRA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) A101(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) A101(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 1年次必修科目/「その他」登録 
テキスト用コード (Text Code) VL003 



授業の
目標
Course
Objectives
 創造的な経営のゼネラリスト、「ビジネスクリエーター」に必要な、創造的な構想力と論理的な分析能力、および意思決定能力を養うべく、企業の戦略的意思決定と創造的な事業構想を経験的に学習する。 
In order to cultivate creative thinking and logical analysis skills and cultivation of decision-making ability necessary for a "business creator," the generalist of creative management, we will learn experiential learning of strategic decision-making and creative business plannig of companies. 
授業の
内容
Course
Contents
 本授業では、創造的な経営のゼネラリスト、「ビジネスクリエーター」に必要な、創造的な構想力と論理的な分析能力、意思決定能力を養うべく企業の戦略的意思決定と創造的な事業構想を経験的に学修することを目的としており、前半期の経営者の戦略的意思決定学習と後半期のビジネスプラン策定から構成される。
 前半期の7週間では、履修者は企業の経営陣としての戦略的な意思決定、創造的な経営判断について学修する。具体的な状況のなかで、業績の良否は外部環境要因によって一義的に規定されるものではなく、むしろ経営者の意思決定の巧拙に大きく依存するということを経験的に学習するとともに、情報の収集、整理、状況の分析、環境認識と問題の定義、選択肢の導出、結果の評価といった一連の意思決定のプロセスを学ぶ。
 後半期の7週間では、前半の期間で培った様々な知識とスキルを活用し、新たなビジネスプランの構想に取り組む。発想の転換や新たな着想は、異なる視点や思考枠組の交換から生じる。新たな事業の構想には新たな問題の発見や価値の創造が必要となろう。授業では、異なる知識や経験、価値観を持ったメンバーの知的相互作用を通じて創造的な事業構想を実現するプロセスを経験し、「ビジネスクリエーター」としての創造的な事業構想力の習得を目指す。 
In this class, our goal is to study empirically the strategic decision making and creative business planning of companies in order to develop creative thinking skills, logical analytical skills, and decision-making skills necessary for a general leader of creative management, a business creator, and the class consists of strategic decision making learning for managers in the first half and business plan development in the second half.
In the first 7 weeks of the semester, students will learn about strategic decision making and creative management decisions as a company's management team. In the context of a specific situation, it is important to learn from experience that business performance is not defined primarily by external factors, but rather depends largely on the skill of the management and, together with this, we will learn about the process of making a series of decisions, such as gathering information, organizing, analyzing situations, recognizing the environment and defining problems, deriving options, and evaluating outcomes.
In the last 7 weeks, utilizing the various knowledge and skills gained during the first half of the semester, we will work on development of a new business plan. Thinking from different perspective and new ideas arise from the exchange of different perspectives and frameworks of thought. New business concepts will require discovery of new problems and creation of value based on solutions for such problems. In this class, we will experience the process of realizing a creative business concept through intellectual interaction of members with different knowledge, experiences, and values and aim to acquire creative business idea abilities as a "business creator". 
授業計画
Course
Schedule
1. 企業の戦略的意思決定 
2. 経営環境分析と戦略策定 
3. 消費者行動と価格戦略 
4. 経営分析と財務状況の評価 
5. 環境変化と事業戦略 
6. 新規事業機会と成長戦略 
7. 経営者の役割:総括 
8. 事業機会の発見と価値提案 
9. 環境分析と顧客セグメント 
10. 事業活動とチャネル構築 
11. 収益構造と費用構造、資源調達 
12. 競争優位の構築と参入障壁 
13. 成長戦略と長期計画 
14. 事業計画の総合的評価 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
系統別認定試験の免除対応科目、統計・調査法、会計学、ファイナンス関連の科目を履修しておくことが望ましい。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ディスカッションへの参加・貢献度(30%) 、グループワークへの貢献度の相互評価(35%) 、授業内レポート(35%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
必要に応じて指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
 パソコン操作法(特に表計算ソフトの使用方法)、財務経理の基礎が最低限必要なスキルとなる。

【双方向による授業】
 本科目は、講義に続いてクラスあるいはチーム単位でのディスカッション形式で授業を展開する。双方向による授業の割合は100%(14回中14回)である。

【実務家教員】
 本科目担当教員のうち2名は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業である。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP