シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL111/日本の企業経営
(Business and Management in Japan) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 山中 伸彦(YAMANAKA NOBUHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 3時限(Period 3) 1104(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL111 



授業の
目標
Course
Objectives
 本科目はデータや調査結果をもとに日本の企業経営の特徴やその実態について理解することを目的とする。 
 The purpose of this discipline is to understand the characteristics of Business and Management in Japan and its actual condition on the basis of data and investigation results. 
授業の
内容
Course
Contents
 本科目では、様々な統計や調査の結果に基づいて、日本企業の実態や企業経営の特徴について理解することを目的としている。加えて、実際に資料の収集、データベースの活用等を通じて大学院での学習の進め方を実践的に修得することを目指す。
 実態を適切に認識するためには、自己の偏見や先入観に自覚的になること、常識や先行研究に対して批判的視点を持つこと、自由な視点で仮説を立てるとともに根拠となる事実に基づいて検証を行うことが必要である。この授業では日本の企業経営の特徴や実態を理解することを通じてこうした方法論についても学びたいと考えている。 
The purpose of this discipline is to understand the actual situation of Japanese companies and the characteristics of corporate management based on the results of various statistics and surveys. In addition, we will aim to learn how to proceed research through graduate school by actually collecting materials and using databases, etc.
In order to properly recognize reality, it is necessary to become aware of your own prejudices and preconceptions, to have a critical point of view on common sense and prior research, to make a hypothesis from a free point of view, and to carry out verification based on facts that serve as an evidence. In this class, we would like to learn about such methodologies through understanding the characteristics and actual conditions of Business and Management in Japan. 
授業計画
Course
Schedule
1. 「日本の企業経営」とは?その特徴を知るにはどうすればよいか? 
2. 日本企業をめぐる基本的事実 
3. 日本経済の現在 
4. 「日本的経営」の実態を考える:終身雇用 
5. 「日本的経営」の実態を考える:年功型賃金 
6. 「日本的経営」の実態を考える:企業別労働組合 
7. 日本の企業経営と労働生活 
8. 日本の企業経営と勤労者意識 
9. 日本の経営環境:業界構造 
10. 日本企業の競争力:国際比較 
11. 日本企業の経営戦略:多角化の推移と「選択と集中」 
12. 日本企業のガバナンス 
13. 日本企業のグローバル化 
14. 日本企業の経営課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 授業の中で提示される日本企業をめぐる論点や疑問について、政府統計や入手可能な調査データを活用して各々調べ、ディスカッションできるよう準備して授業に臨んでください。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ディスカッションへの貢献度(20%) 、授業内レポート(80%)
テキスト
Textbooks
適宜授業の中で指示します。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
図書館のオンラインデータベースを活用できるようにしておくと良いでしょう。 
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP