シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL201/マーケティング・エッセンシャルズ1
(Marketing Essentials 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 斎藤 明(SAITO AKIRA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 4403(Room)
春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 4403(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL201 



授業の
目標
Course
Objectives
1.マーケティング・マネジメントにおける基本的概念やフレームワークの理解
2.今後のマーケティング分野での発展科目の履修や自律的研究に向けた基盤の確立  
1. Understanding basic concepts and frameworks in marketing management
2. Acquiring basic knowledge and methods for conducting advanced research in the marketing field
 
授業の
内容
Course
Contents
マーケティングは20世紀初めに市場創造の理念や方法として開発され、以来ビジネスにおいて重要な役割を果し続けています。今日、マーケティングは、ビジネス(製造業、流通業、サービス業等)だけでなく、行政機関や地域、非営利組織へと活用領域を広げています。
本講義は、マーケティングの基本的な考え方と活動を中心に学習し、今後のマーケティング分野での発展科目の履修や当該分野自律的学習に向けた基礎的準備講座とします。 
Marketing was developed at the beginning of the 20th century as an idea and method of market creation and has played an important role in business since that time. Today, marketing is applied not just to business (manufacturing, distribution, service, etc.), but also to administrative organizations, regions, and nonprofit organizations.
This lecture will focus on the basic concepts and activities of marketing, and will be a basic preparatory class for advanced disciplines of marketing study. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:マーケティングとは 
2. マーケティング・コンセプト 
3. マーケティング・マネジメントの基本的な考え方 
4. マーケティング環境(1):各市場の特徴 
5. マーケティング環境(2):標的市場の設定 
6. マーケティング・ミックスとは 
7. 製品政策(1):製品概説 
8. 製品政策(2):プロダクトライフサイクル 
9. 価格政策(1):価格概説 
10. 価格政策(2):上澄価格と浸透価格 
11. 流通政策(1):流通チャネル概説 
12. 流通政策(2):流通諸理論 
13. マーケティング・コミュニケーション政策(1):マーケティング・コミュニケーション概説 
14. マーケティング・コミュニケーション政策(2):広告・PR・SP・人的販売 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
事前学修(予習):前回までの復習を実施し、授業に参加する。
事後学修(復習):授業内で詳細された概念等に関して整理し、ノートを作成し、理解を促進する。
上記プロセスを繰り返し、授業内容の理解を獲得し、自律的学修を促進することを推奨しています。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業内レポート(40%) 、参加度(30%) 、クラス討議貢献度(30%)
テキスト
Textbooks
講義資料は、ブラックボード等で、配布する。
テキストについては、講義時に紹介する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 和田 充夫 (編集), 日本マーケティング協会 (編集)  マーケティング用語辞典 (日経文庫)   日本経済新聞社  2005  4532110742 
2. 余田 拓郎 (著), 田嶋 規雄 (著), 川北 眞紀子 (著)  アクティブ・ラーニングのための マーケティング・ショートケース   中央経済社  2020  450234821X 
3. 有馬 賢治 (著), 岡本 純 (著), 斎藤 明 (著), 長崎 秀俊 (著), 宮下 雄治 (著)  マーケティング・オン・ビジネス―基礎からわかるマーケティングと経営   新世社  2016  4883842347 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
※原則として、全授業回をオンラインでの実施予定。但し、状況により1回程度対面実施を検討する。

本講義は、マーケティングの基本的な考え方を中心に学習し、そうしたマーケティング分野での発展科目の履修や自律的学習に向けた基礎的内容となりますので、履修時に、注意してください。
本研究科では、マーケティング分野において、多くの発展科目・応用科目(B2B,、サービス、ブランド、グローバル、ストラテジー等)が開講されています。

実務で関連した業務(営業系業務)経験や、学部レベルで基礎的専門用語や概念について学習した経験のある方は、本科目の履修を経ずに、多く開講されている発展科目・応用科目の積極的な履修を推奨します。 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP