シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL226/マーケティング・リサーチ2
(Marketing Research 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 斎藤 明(SAITO AKIRA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期2 (Fall Semester 2) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 6401(Room)
秋学期2 (Fall Semester 2) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 6401(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL226 



授業の
目標
Course
Objectives
マーケティング・リサーチの基本概念と枠組みを理解する。 
The goal of this course is to provide an understanding of the basic concepts of marketing research. 
授業の
内容
Course
Contents
マーケティング・リサーチとは,マーケティング活動に必要な意思決定上のリスクの軽減を目的とし,マーケティング意思決定に必要な諸情報を収集・分析する機能を有しています。
本講義では,マーケティング・リサーチに関する基本概念、特に定量調査の理解を目的とし,マーケティング・リサーチの基本的な考え方について学習します。 
Marketing research has the function of collecting and analyzing various types of information necessary for marketing decision-making, with the aim of reducing decision-making risks in marketing activities.
In this course, we aim to understand the basic concepts of marketing research, especially quantitative research, and learn about the basic ideas of marketing research. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション:消費者理解とマーケティングリサーチ 
2. マーケティング諸活動とマーケティングリサーチ 
3. リサーチプロセス 
4. サンプリング 
5. 調査票 
6. 平均と標準偏差 
7. 分析(1)検定 
8. 分析(2)因子分析 
9. 分析(3)回帰分析 
10. 分析(4)回帰分析 
11. マーケティングリサーチ実務(1):ゲストスピーカー 
12. マーケティングリサーチ実務(2):ゲストスピーカー 
13. 期末課題報告(1) 
14. 期末課題報告(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
適宜講義内にて,適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
課題プレゼンテーション(60%) 、授業内ディスカッションへの貢献度(30%) 、出席 (10%)
テキスト
Textbooks
適宜講義内にて,適宜紹介する。
参考文献
Readings
関連テーマに応じて適宜講義内にて,参考文献等を紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
(1)原則として、全授業回をオンラインでの実施予定。尚、状況により、1回程度対面も検討する場合がある。
(2)大学院における専門科目として、相応の事前学習(事前課題学習等)が必須となるため、履修を希望するものは、その点について留意すること。
(3)実務家ゲストスピカ―の招聘を予定する。
(4)各回の講義内容は前後する場合がある。 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP