シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL236/コーポレート・ストラテジー2
(Corporate Strategy 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 安田 直樹(YASUDA NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期2 (Spring Semester 2) 月曜日(Mon) G5時限(Period G5) 6402(Room)
春学期2 (Spring Semester 2) 月曜日(Mon) G6時限(Period G6) 6402(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL236 



授業の
目標
Course
Objectives
本講は「コーポレート・ストラテジー3」を踏まえ、経営戦略に関する代表的な理論だけではなく、意思決定や戦略の実行にも焦点を当てながら、経営戦略についてより深く理解することを目的としている。 
Based on "Corporate Strategy 3", this course aims to provide a deeper understanding of strategy, focusing not only on the typical theories of strategy but also on decision-making and strategic implementation. 
授業の
内容
Course
Contents
経営戦略は、戦略策定だけではなくそれが円滑に実行されてはじめて価値を持つ。本講では意思決定や戦略の実行にも焦点を当てて、その理論的背景を含めて議論を行う。また、現象としてのイノベーションや国際戦略とその背景にある理論に関する議論を行うことで、より幅広い視点から経営戦略を捉える。各テーマでは事例分析を活用して、クラス内でディスカッションを深めることによって、各テーマの特徴と課題点を整理する。なお、受講者数によって内容や運営方法を変更することがある。 
Strategies have value not only when they are formulated but also when they are smoothly implemented. In this lecture, we will focus on decision making and strategic implementation, including the theoretical background. In addition, we will discuss innovation and international strategy as phenomena and the theories behind them in order to understand strategy from a broader perspective. In each theme, the case analysis will be used to deepen discussions within the class to sort out the characteristics and issues of each theme. Note that the content and management methods may be changed depending on the number of students.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 経営戦略の全体像 
2. 戦略の浸透 
3. 戦略と組織:戦略の実行1 
4. 戦略と組織:戦略の実行2 
5. 意思決定と企業行動の理論 
6. 意思決定のバイアス 
7. 社会関係資本 
8. 社会ネットワーク 
9. 知の探索、知の深耕 
10. 企業の知識とナレッジ・ベースト・ビュー 
11. 非市場戦略と制度理論 
12. 資源依存理論 
13. 企業と経営者 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は、必要に応じて別途行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席・授業コミットメント(30%) 、プレゼンテーション(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
資料と講義ハンドアウトは随時配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 入山章栄  『世界標準の経営理論』   ダイヤモンド社  2019   
その他(Others)
その他資料は随時配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
コーポレート・ストラテジー3を受講していることが望ましい。

 
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP