シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL245/ビジネスケースメソッド1
(Business Case Method 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 安田 直樹(YASUDA NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 1203(Room)
春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 1203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL245 



授業の
目標
Course
Objectives
ケース分析によって、企業行動や戦略およびそれに関連する理論の理解を深めることを目的とする。 
The purpose of this course is to deepen the understanding of organizational behavior and related theories through case analysis. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は、ケースと呼ばれる企業などの戦略、組織等に関わる様々な問題が描かれている教材を用いて行われる。ケースには企業行動や戦略に関する多くの情報が書かれており、その中から重要な情報を抽出して戦略や意思決定に対する分析を行う。戦略や意思決定に「唯一の正解」は存在しないが、意思決定の質を高めるには多面的かつロジカルな分析が不可欠である。そのため、様々なケースを用いて戦略や意思決定を分析して企業行動や戦略の理解を深めることは、経営にとって重要な能力の醸成につながる。
本科目の運営はグループ討議とケース討議によって構成される。ケース内容等の運営方法は、学生数に応じて変更することもある。 
This course is taught using cases, which are teaching materials that depict various issues related to strategy and organization of companies. The cases contain a lot of information about corporate behavior and strategy, and students extract important information from the cases to analyze strategy and decision making. There is no "one right answer" to strategy and decision making, but the multifaceted and logical analysis is essential to improve the quality of decision making. Therefore, using various cases to analyze strategy and decision making to deepen understanding of corporate behavior and strategy will help develop important skills for management.
The management of this course will consist of group discussions and case discussions. The content of the cases and other management methods may be changed depending on the number of students.
 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. ショートケース 
3. マーケティング: ダイソン株式会社:日本市場への参入 
4. マーケティング: ダイソン株式会社:日本市場への参入 
5. 企業戦略: ワタベウェディング 
6. 企業戦略: ワタベウェディング 
7. 競争戦略: トリンプインターナショナル/ワコール 
8. 競争戦略: トリンプインターナショナル/ワコール 
9. 国際戦略: ZARA: ファースト・ファッション 
10. 国際戦略: ZARA: ファースト・ファッション 
11. 戦略と実行①: 株式会社バルスの成長戦略 
12. 戦略と実行①: 株式会社バルスの成長戦略 
13. 戦略と実行②: アイリスオーヤマ株式会社 
14. 戦略と実行②: アイリスオーヤマ株式会社 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は、必要に応じて別途行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発言などのクラスへの貢献(30%) 、ケース課題(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
ケースの購入方法は別途授業内で指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP