シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL273/BusinessCaseStudies2
(Business Case Studies 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 安田 直樹(YASUDA NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期2 (Fall Semester 2) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 1102(Room)
秋学期2 (Fall Semester 2) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 1102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6001 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL273 



授業の
目標
Course
Objectives
ケース分析によって、戦略や意思決定およびそれに関連する理論の理解を深めることを目的とする。 
The purpose of this course is to deepen the understanding of organizational behavior and related theories through case analysis. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は、ケースと呼ばれる企業などの戦略、組織等に関わる様々な問題が描かれている教材を用いて行われる。ケースには企業行動や戦略に関する多くの情報が書かれており、それらを分析することで経営分析に関する経営理論を学ぶとともに、企業に対する理解を深めることを狙いとしている。戦略や意思決定に「唯一の正解」は存在しないが、様々なケースの企業行動や戦略を分析することで、ケース特有の事象から示唆を得られるだけではなく、経営や意思決定に関する原理原則の理解につながる。
本科目の運営はグループ討議およびケース討議によって構成される。
ケースはすべて英語のものを使用し、授業も基本的には英語で行うことを想定している。なお、教材を含めた運営方法は、学生数に応じて変更することもある。
Business Case Studies2では、Business Case Studies1とは異なりビジネスではないケースも扱う。 
This course uses case studies, which depict various issues related to corporate and other strategies and organizations. The cases contain a lot of information about corporate behavior and strategy, and by analyzing them, students learn management theory of business analysis and deepen their understanding of companies. There is no "one right answer" to strategy and decision-making, but by analyzing corporate behavior and strategy in various cases, we can get suggestions from case-specific phenomena and understand the principles of management and decision-making.
This course consists of group and case discussions.
All the cases are in English, and the class is expected to be conducted in English. The management method, including teaching materials, may be changed depending on the number of students.
In Business Case Studies 2, unlike Business Case Studies 1, non-business cases are dealt with. 
授業計画
Course
Schedule
1. Introduction 
2. Business model: Patagonia 
3. Market penetration: Kikkoman Corp.: Consumer Focused Innovation 
4. Market penetration: Kikkoman Corp.: Consumer Focused Innovation 
5. Diversification: Fujifilm: A Second Foundation 
6. Diversification: Fujifilm: A Second Foundation 
7. Mission and value: Ingvar Kamprad and IKEA 
8. Mission and value: Ingvar Kamprad and IKEA 
9. Organizational culture: Keeping Google “Googley” 
10. Organizational culture: Keeping Google “Googley” 
11. Change management: Asahi Breweries Ltd. 
12. Change management: Asahi Breweries Ltd. 
13. Leadership in crisis: Mount Everest-1996 
14. Conclusion 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は、必要に応じて別途行う。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発言などのクラスへの貢献(30%) 、ケース課題(30%) 、最終レポート(Final Report)(40%)
テキスト
Textbooks
ケースの購入方法は別途授業内で指示する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP