シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL573/ヒューマン・リソース・マネジメント5
(Human Resource Management 5) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 庄司 貴行(SHOJI TAKAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 4405(Room)
春学期1 (Spring Semester 1) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 4405(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL573 



授業の
目標
Course
Objectives
ヒューマン・リソース・マネジメント(HRM)と呼ばれる活動の全体像を把握し、その基本的なメカニズムならびに今日的課題について理解する。 
Understand the major aspects of a management activity called HRM (Human Resource Management), with an emphasis on its basic mechanism, and today's challenges. 
授業の
内容
Course
Contents
HRMは、「企業目標の達成に必要な従業員(労働力)を確保し、その合理的な利用をはかる管理活動」として定義することが出来る。日本企業においてはこれまで、終身雇用、年功序列、企業内組合、さらには職能資格制度といったことがその雇用システムの特徴として繰り返し指摘されてきた。はたしてそれは、どのようなメカニズムと理論的背景をもつ仕組みであったのか。そしてそれは現在、どのように変化してきており、さらに今後はどのようになると考えられるのか。
この講義では、人材の採用・配置や報酬の管理、教育訓練、昇進・昇給管理、そして評価システムなど、HRMの具体的な内容についてその理論的背景とともに検討する。
 
HRM can be defined as "management activities to secure employees (labor force) necessary to achieve corporate goals." In Japanese companies, lifetime employment, seniority, in-house unions, and even professional qualification systems have been repeatedly pointed out as unique characteristics of the employment system. What kind of mechanism and theoretical background does Japanese Management have? And how is it changing now, and what do you think it will be in the future?
In this lecture, we will examine the major contents of HRM, such as recruitment, job rotation, compensation, education and training, promotion, and evaluation system, along with their theoretical background
 
授業計画
Course
Schedule
1. HRMの概要1 
2. HRMの概要2 
3. 日本型雇用システム1 
4. 日本型雇用システム2 
5. 雇用システムと雇用保障1 
6. 雇用システムと雇用保障2 
7. キャリアの開始と展開1 
8. キャリアの開始と展開2 
9. 雇用関係の基本条件1 
10. 雇用関係の基本条件2 
11. 長期雇用vs短期雇用1 
12. 長期雇用vs短期雇用2 
13. 雇用からの引退過程1 
14. 雇用からの引退過程2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に必要に応じて指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終成果物(60%) 、クラス討議への貢献(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
授業時に必要に応じて配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP