シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL574/ヒューマン・リソース・マネジメント6
(Human Resource Management 6) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 庄司 貴行(SHOJI TAKAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期2 (Spring Semester 2) 木曜日(Thu) G5時限(Period G5) 4405(Room)
春学期2 (Spring Semester 2) 木曜日(Thu) G6時限(Period G6) 4405(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL574 



授業の
目標
Course
Objectives
ヒューマン・リソース・マネジメント(HRM)と呼ばれる活動の理論的理解とともに、戦略的視点から今日的課題について把握する。 
Understand today's management challenges from a strategic perspective, along with a theoretical understanding of an activity called HRM (Human Resource Management). 
授業の
内容
Course
Contents
 HRMは、「企業目標の達成に必要な従業員(労働力)を確保し、その合理的な利用をはかる管理活動」として定義することが出来る。このことは、HRMのデザインは企業の経営環境・経営戦略との関連で分析・評価されなければならないことを意味している。
 この講義では、まずHRMの理論的背景を整理し、人材の採用・配置や報酬の管理、教育訓練、昇進・昇給管理、そして評価システムなど、HRMの具体的な内容についてその理論的背景とともに検討する。
 
HRM can be defined as "management activities to secure employees (labor force) necessary to achieve corporate goals." This means that the actual practices of HRM must be analyzed and evaluated in relation to the business environment and business strategy of the company.
In this lecture, we will first sort out the theoretical background of HRM, and then examine the major contents of HRM, such as recruitment, compensation, education and training, promotion, and evaluation system, along with the theoretical background.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 日本型組織の編成原理1 
2. 日本型組織の編成原理2 
3. 組織のグローバル化とHRM1 
4. 組織のグローバル化とHRM2 
5. 企業組織の国際比較1 
6. 企業組織の国際比較2 
7. システムとしての日本型経営組織1 
8. システムとしての日本型経営組織2 
9. イノベーションと組織1 
10. イノベーションと組織2 
11. 企業所有とコーポレートガバナンス1 
12. 企業所有とコーポレートガバナンス2 
13. 戦略と組織1 
14. 戦略と組織2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に必要に応じて指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終成果物(60%) 、クラス討議への貢献(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 野川忍・水町勇一郎  実践・新しい雇用社会と法   有斐閣  2019  9784641243194 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業時に必要に応じて配布する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP