シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL717/流通システム論2
(Sales and Distribution System 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 高岡 美佳(TAKAOKA MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期2 (Fall Semester 2) 土曜日(Sat) 3時限(Period 3) 1201(Room)
秋学期2 (Fall Semester 2) 土曜日(Sat) 4時限(Period 4) 1201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS5400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL717 



授業の
目標
Course
Objectives
時代の変遷の中でイノベーター達は,様々な小売業態(ビジネスモデル)を生み出した。本授業では,これらイノベーションの実態と今後の新たな可能性について探求する。 
With the changing of the times, innovators have produced various retail business models. In this class, the actual condition of these innovations and new future possibilities are investigated. 
授業の
内容
Course
Contents
これまで先進諸国では,その時代に特徴的な小売業態が流通業をリードし,流通システムを変えてきた。どんな業態がいつ,なぜ登場したのか。誰が革新を担ったのか。そして,その革新性の本質は何であったのか。これらの点を,日本と諸外国の代表企業をケースに取り上げ,明らかにしていきたい。 
Up until now, in advanced countries, the characteristic retail type has led the distribution industry, and distribution systems have changed. What kind of business conditions and when and why did they appear? Who took charge of the innovation? And, what was the essence of the innovation? We would like to take up and clarify these points in cases of representative corporations of Japan and overseas countries. 
授業計画
Course
Schedule
1. 小売業種・業態の登場とその背景 
2. 小売業態1: 百貨店 
3. 小売業態2: スーパーマーケット(SM) 
4. 小売業態3: 総合スーパー(GMS) 
5. 小売業態4: コンビニエンスストア(CVS) 
6. 小売業態5: ショッピングセンター 
7. 小売業態6: 専門店 
8. チェーン小売業の諸形態 
9. 近年の小売ビジネスモデル 
10. SPAとサプライチェーンマネジメント 
11. インターネットの発達とeコマース 
12. 小売業とカスタマイゼーション 
13. 小売フォーマットの本質と新たな可能性 
14. 小売業のグローバル化戦略 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、授業での発言(60%)
テキスト
Textbooks
講義ごとにレジュメ,資料を配布します
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田村正紀  『業態の盛衰 現代流通の激流』   千倉書房  2008  4805109181 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目では、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP