シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VL721/ホテルマネジメント2
(Hotel Management 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 沢柳 知彦(SAWAYANAGI TOMOHIKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期2 (Spring Semester 2) 月曜日(Mon) G5時限(Period G5) 6408(Room)
春学期2 (Spring Semester 2) 月曜日(Mon) G6時限(Period G6) 6408(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BDS6700 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VL721 



授業の
目標
Course
Objectives
- 持続的な利益計上を可能とするホテル経営を行なうためのフレームワークとマネジメントツールを習得する。
- 事実上の世界標準となっている米国ホテル会計基準(Uniform System of Accounts for Lodging Industry)を理解する。
- ホテルオーナーとの関係・業務の棲み分けを整理する。
 
- Learn about the framework and management tools for hotel management that enable sustainable profit generation.
- Understand U.S. hotel accounting standards (Uniform System of Accounts for Lodging Industry), which are the de facto world standards.
- Understand a relationship with the hotel owner and the segregation of duties.
 
授業の
内容
Course
Contents
- テキストの物語に沿い、ホテル再建を通じて様々なマネジメント課題を取り上げ、講義する。
- Plan-Do-Seeサイクル、Key Performance Indexモニタリング等、マネジャーとしての基本動作を紹介する。
- 毎回、ホテル経営に関する事前課題が出題され、講義冒頭でディスカッションを行なう。
- 講義出席者間でマネジメント課題の議論を行ない、知識の定着を図る。
- ホテル経営の歴史、ホスピタリティの概念等、社会学的アプローチは採り上げない。
 
- In line with the contents of the text, we will lecture on various management issues through the turnaround of the hotel business.
- Basic operating procedure as a manager are introduced, such as the Plan-Do-See cycle, Key Performance Index monitoring, etc.
- Each time, pre-project questions on hotel management will be presented , and discussion will be held at the beginning of the lecture.
- Discussion of management issues among lecture participants will be performed to acquire the knowledge.
- We will not adopt a sociological approach, such as the history of hotel management, the concept of hospitality, etc.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 労働生産性、レベニューマネジメント① 
2. 労働生産性、レベニューマネジメント② 
3. メニューエンジニアリング、期待値コントロール① 
4. メニューエンジニアリング、期待値コントロール② 
5. 投資ファンド、リスクマネジメント① 
6. 投資ファンド、リスクマネジメント② 
7. ホテル売買と従業員、地域貢献と投資リターン① 
8. ホテル売買と従業員、地域貢献と投資リターン② 
9. メディアコントロール、資本政策① 
10. メディアコントロール、資本政策② 
11. マネジメント契約ストラクチャー① 
12. マネジメント契約ストラクチャー② 
13. ケーススタディ① 
14. ケーススタディ② 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
- ホテルロビーでのチェックイン客の観察など、予習課題は必要に応じて別途指示する。
- 東京都内のホテル施設にて学外授業を行なう可能性がある。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、質問・発言など講義への貢献度(50%) 、予習・復習状況(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 江上剛  リベンジ・ホテル   講談社文庫  2012年  978-4-06-277226-6 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田尾桂子  グローバルオペレーターが変えるホテル経営: マネジメント契約はホテル産業に何をもたらしたか   白桃書房  2016年  978-4561266860 
2. グレッグ・デントン他  ホテルアセットマネジメント-原理と実践   立教大学出版会  2014年  978-4-901988-26-1 
3. 沢柳知彦 他  ホテルのリスクマネジメント実務マニュアル   総合ユニコム  2020年  978-4-88150-728-5 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
- http://www.hoteresonline.com/articles/9226
- https://www.amworks.jp/glossary.html
- VL719ホテルマネジメント1の履修を推奨
 
注意事項
Notice
本科目は、5年以上の実務経験を有する実務家教員による授業であり、全授業回数の50%以上がディスカッションなど双方向形式の授業によって運営されます。 


PAGE TOP