シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM103/社会デザイン学特殊研究3
(Special Study:Social Design 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(自然学の方法) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 6時限(Period 6) 1102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM103 



授業の
目標
Course
Objectives
(1)「自然」に関する“哲学的”文章を読み、多様な「自然」についての基礎知識と思考方法を身につけること。(2)各々の思想について簡単に説明・批評ができるようになること。また、(3)それらを援用または批判することで、自らの問題意識に合わせた説得力のある意見を述べる技能を身につけること。 
(1) To acquire basic knowledge and thinking about various types of "shizen(nature)" by reading "philosophical" texts on "shizen(nature)". (2) To become able to briefly explain and comment on each thought. Also, (3) To acquire the skills to express persuasive opinions in line with the student's own awareness of problems by using or criticizing other theories on " shizen(nature)". 
授業の
内容
Course
Contents
私たちの社会は、人と人との関わりだけでなく、人と自然との関わりのなかで成り立っていると言える。しかし、そもそも自然は、人と「と」で結ばれるような「別の何か」なのだろうか。自然を「人とは別の利用対象や周囲環境」とみなす前提それ自体を検討する必要はないだろうか。自然は、人を含めた生物が生活する「居場所」でもあり、あるいは人を含むすべてであるかもしれない。授業を通してさまざまな視点による「自然」を学び、講師および他の参加者の考えも検討することで、人間と現代社会について考える。
学生は、事前に指定の文章を読み、授業内で講師による解説を聞いて質疑・討議を行い、授業後に簡単なコメントを書く。そのコメントを次回の授業でフィードバックし、参加者全員で共有することで、授業を、循環する複方向型の「対話の場」、「知的探求の共同体」としたい。
 
It can be said that our society is made up not only of human-human relationships but also of human-nature relationships. But is nature, in the first place, "something else" that connects "with" people? Isn't it necessary to consider the premise itself that nature is “a different object for use or the surrounding environment”? Nature is also the "place to live" where living things including people live, or it may be everything including people. Students will learn about "nature" from various viewpoints through the classes and think about human beings and modern society by examining the thoughts of the lecturer and other participants.
Students must read the designated texts in advance, listen to the commentary by the lecturer in the classes, ask questions and debate, and write brief comments after the classes. By feeding back the comments in the next class and sharing them with all the participants, we hope to make the class a multi-directional and circulatory "place of dialogue" and "community of intellectual inquiry".

 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 星野道夫/本当の野生 
3. 寺田寅彦/天災と日本人 
4. 桑子敏雄/原生自然と空間の履歴 
5. アルド・レオポルド/環境倫理(ランドエシックス) 
6. 日高敏隆/ユクスキュルの環世界・イリュージョン 
7. 上野誠/日本人の聖なる自然 
8. 鈴木大拙/機心と自然 
9. 竹内整一/「おのずから」と「みずから」のあわい 
10. 西岡常一/木のいのち木のこころ 
11. 内山節/日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか 
12. 山尾三省/アニミズムという希望 
13. 今西錦司/自然学の提唱 
14. 今道友信/人間と自然 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習/指定した文章を読んでおき、自らの興味・疑問を整理しておく。
復習/授業を振り返り、コメントメール(客観+主観)を送る。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の出席とコメント(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
「ブラックボード」上にアップする。
参考文献
Readings
「ブラックボード」上にアップする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第一回目授業「ガイダンス」にて、授業の方針・進め方を説明します。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP