シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM115/社会デザイン学特殊研究15
(Special Study:Social Design 15) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(宗教と社会デザイン) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 6時限(Period 6) 1102(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM115 



授業の
目標
Course
Objectives
(1)マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を通して、宗教と社会・個人にかかわる基礎的な知識や思考力・読解力を身につけること。(2)ウェーバーの思想を「社会デザイン」に結合するべく、フロムやフランクルの文章を読み、それらについて客観的な説明・批評ができるようになること。(3)上記の二点をふまえ、学生自身が主体的に説得力のある意見を述べる技能を身につけること。 
(1) To acquire basic knowledge, thinking and reading skills related to religion, society and individuals through Max Weber's "The Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism". (2) In order to combine Weber's ideas with "social design", read the texts of Fromm and Frankl and become able to objectively explain and critique them. (3) Based on the above two points, students should acquire the skills to express their opinions independently and persuasively. 
授業の
内容
Course
Contents
いわゆる「宗教」が、社会とどのように関わっているのか。講義全体は、ガイダンスをのぞき、おおまかに前半と後半に分かれる。前半は、宗教と社会について考える上で必須と言えるウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』に関する解説書を通して、やや難解な文章の読解方法を学びつつ、単一テーマについて複数の文献を重ね合わせながら読む手法も学ぶ。後半は、そのつながりから、フロム、フランクルの文章を読み、宗教を通した個人と社会のあり方について考える。
学生は、事前に指定の文章を読み、授業内で講師による解説を聞いて質疑・討議を行い、授業後に簡単なコメントを書く。そのコメントを次回の授業でフィードバックし、参加者全員で共有することで、授業を、循環する複方向型の「対話の場」、「知的探求の共同体」としたい。 
How is so-called "religion" related to society? The whole course will be divided into the first half and the second half roughly except for the guidance. In the first half, students will learn the method of reading multiple sources on a single subject while learning how to read somewhat difficult text through the explanatory book on Weber's "The Protestant Ethic and the Spirit of Capitalism" which can be said to be essential in thinking about religion and society. In the second half, leading on from this, students will read the texts of Fromm and Frankl, and think about the ideal state of individuals and society through religion.
Students must read the designated texts in advance, listen to the commentary by the lecturer in the classes, ask questions and dialogue, and write brief comments after the classes. By feeding back the comments in the next class and sharing them with all the participants, we hope to make the class a multi-directional and circulatory "place of dialogue" and "community of intellectual inquiry".
 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、見田宗介『社会学入門』a ― 関係の絶対性 
2. 見田宗介『社会学入門』b ― 魔(呪術・魅力)のない世界 
3. 大塚久雄『社会科学における人間』a ― 資本主義の精神 
4. 大塚久雄『社会科学における人間』b ― プロテスタンティズムの倫理 
5. 討議 
6. 仲正昌樹『マックス・ウェーバーを読む』a ― 宗教的個人と社会的労働 
7. 仲正昌樹『マックス・ウェーバーを読む』b ― 神の摂理と資本の蓄積 
8. 山之内靖『マックス・ヴェーバー入門』a ― 非合理性による合理性 
9. 山之内靖『マックス・ヴェーバー入門』b ― 不連続性と意図せざる結果 
10. 討議 
11. 安田一郎『フロム』a ― 自由からの逃走、権威主義とナチズム 
12. 安田一郎『フロム』b ― パーソナリティと権威、人道主義的宗教 
13. フランクル『夜と霧』a ― 絶望との戦い 
14. フランクル『夜と霧』b ― 不正をする権利 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習/指定した文章を読んでおき、自らの興味・疑問を整理しておく。
復習/授業を振り返り、コメントメール(客観+主観)を送る。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回のコメント(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
授業および「ブラックボード」にて提示する。
参考文献
Readings
授業および「ブラックボード」にて提示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第一回目授業「ガイダンス」にて、授業の方針・進め方を説明します。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP