シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM126/社会デザイン学特殊研究26
(Special Study:Social Design 26) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(社会デザイン学の可能性2) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 他 (兼任講師複数名) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期他 (Fall Others)     オンデマンド
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5110 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM126 



授業の
目標
Course
Objectives
 21世紀に入り、環境や地域紛争など前世紀からの課題に加えて、新しい形の貧困や社会的排除(social exclusion)が大きな課題となっている。その解決のため、政府行政・民間企業・NGO/NPO等の組織はそれぞれどのような役割を担えるのか。また、近年、重視されることの多いセクターの垣根を越えた「協働」は、どこまでの有効性と可能性を期待できるのか。いずれにしても、その際、従来の発想と方法論を超え、社会の仕組みや人々の参画の仕方を変革し具体的に実現していくことが必要になってくる。そのような思考と実践を「社会デザイン」と呼びたい。
 この科目は、本研究科が一貫して追究し続けてきた社会デザイン(学)に関し、その思想的含意から実践的な社会技術としてのありように至るまで、分野・領域横断的に明示することで、まずはその見取り図を描いていこうとするものである。それにより、社会デザイン(学)の可能性を受講者とともに切り拓くことを目指したい。 
 As we enter the 21st century, new forms of poverty and social exclusion have become major issues in addition to the issues from the last century such as the environment and regional conflicts. What kind of role can each organization such as government, private enterprises, and NGOs/NPOs take to solve these problems? Also, what kind of effectiveness and potential can be expected from "collaboration" that crosses the boundaries of sectors that is often emphasized in recent years? In any case, it will be necessary to go beyond conventional ideas and methodologies and reform and specifically realize social mechanisms and ways for people to participate. I would like to call such thinking and practice "social design".
 This course attempts to draw a sketch of social design (studies) that the Graduate School has consistently pursued by presenting the philosophical and academic implications across fields and disciplines. In this way, we aim to open up the possibilities of social design (studies) together with the students. The subject will be tackled by all faculty with effort appropriate for the size of its aims. 
授業の
内容
Course
Contents
 本研究科の兼任講師によるオムニバス講義形式である。各回で扱われるテーマは、社会デザイン(学)とは何か、その思想的背景と意味、組織・ネットワーク・マネジメント、コミュニティデザイン、危機管理、NGO/NPO、平和(学)、国際関係、CSR、社会貢献、ソーシャルビジネス・コミュニティビジネス・社会的企業、社会的排除と包摂、アートと社会デザイン(インクルーシブデザイン)、社会調査等多岐にわたり、対象となる事業や活動の範囲・分野も多様なものとなる。
 本科目は研究科で学ぶ院生のための社会デザイン(学)案内であり、個別具体的な研究分野とテーマを選択していく際の導入科目である。それと同時に、本科目は社会デザインを考えるためにいかに多様で具体的な分析資料(データ)を加えていくのかを検討する科目としても重要な意味をもつ。以上、本科目は、今後の研究活動のなかで社会デザイン(学)の可能性をどのように拓いていくのか、その方法論をともに考え抜く契機を提供するための内容で計画されている。 
 Assistant Professor Nakamori will be the overall facilitator for the omnibus lectures given by the department's faculty members. In the first class, the aims of the subject and the meaning of social design (studies) in the Graduate School are introduced. From the next class, the lecturer in charge will give a presentation and ask questions, and conclude with a presentation on reflections and issues and preparation learning for the next class.
 Each class will cover a wide range of themes such as: What is social design (studies)?, its philosophical background and meaning, organization/network management, community design, crisis management, NGOs/NPOs, peace (studies), international relations, CSR, social contribution, social business, community business, social enterprises, social exclusion and inclusion, art and social design (inclusive design), and social research, and the scope and fields of target businesses and activities will also be diverse.
 This course is social design (studies) guidance for graduate students studying at the Graduate School, and is an introductory course for selecting specific individual research fields and themes. At the same time, this course also has an important meaning of considering how to add as many various specific analysis materials (data) as possible to think about social design. As described above, this course is planned to provide an opportunity to consider how to open up the possibilities of social design (studies) in future research activities. 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに 
2. グローバルリスクガバナンスと社会デザイン学1 
3. コミュニティデザイン学と社会デザイン学1 
4. 社会組織理論と社会デザイン学1 
5. グローバルリスクガバナンスと社会デザイン学2 
6. コミュニティデザイン学と社会デザイン学2 
7. 社会組織理論と社会デザイン学2 
8. グローバルリスクガバナンスと社会デザイン学3 
9. コミュニティデザイン学と社会デザイン学3 
10. 社会組織理論と社会デザイン学3 
11. グローバルリスクガバナンスと社会デザイン学4 
12. コミュニティデザイン学と社会デザイン学4 
13. 社会組織理論と社会デザイン学4 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回、授業の終わりに指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
レポート試験(Report Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業時の質疑への参加(30%)
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
使用しない。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP