シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM203/社会組織理論演習3
(Practical Application:Social Organization 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(社会的人間存在論) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 6時限(Period 6) 7302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM203 



授業の
目標
Course
Objectives
現代日本において「人間」を社会的存在として考察するときの基礎を、 和辻哲郎に学ぶ。具体的な目標は、(1)和辻の考えを客観的に説明・批評ができるようになること。(2)それを踏まえて、自らの問題意識に合った「自らの考え」を作り出し、説得力をもって表現できるようになること。  
Students will learn the basics of considering "Nin-gen(humans)" as social beings in contemporary Japan from Tetsuro Watsuji. The specific goals are, (1) To become able to objectively explain and criticize the ideas of Watsuji (2) Based on this, to become able to create "one's own ideas" in line with one's own problem awareness and become able to express them with persuasiveness. 
授業の
内容
Course
Contents
私たち人間は、 なんらかの「しくみ」(社会・組織)のなかで生きている。たとえそれが、政治的・経済的・生態的・宗教的という、どのような「しくみ」であったとしても、個人は、その中での関わり(間柄)によって生きていくしかない。和辻によれば、人間とは、社会であるとともにまた個人であり、「世の中」〔世間〕であるとともに「人」である。では、個人でもあり社会でもある私たち「人間」は、その「人間」であることをどう考えればよいのか。和辻の著作の中でも、独りで読むには比較的むずかしい『人間の学としての倫理学』をとりあげ、 一緒に理解を深めながら“哲学的”な思考力を養っていく。
 学生は、事前に指定の文章を読み、授業内で講師による(可能なかぎりやさしい)解説を聞いて質疑・討議を行い、授業後に簡単なコメントを書く。そのコメントを次回の授業でフィードバックし、参加者全員で共有することで、授業を、循環する複方向型の「対話の場」、「知的探求の共同体」としたい。 
We humans live in some kind of “mechanism” (society and organization). Whatever kind of “mechanism” we consider, such as political, economic, ecological or religious, individuals have no choice but to live through their relationships within these mechanisms. According to Watsuji, a “Nin-gen(human being)” is both a society and an individual, and is a "Yononaka(World)" as well as a "Hito(person)". If so, how should we think as "Nin-gen" who are both individuals and societies. We will read Watsuji's book "Nin-gen no gaku toshiteno Rinrigaku(Ethics As the Study of Man)" which is relatively difficult to read on one's own even among the writings of Watsuji and cultivate "philosophical" thinking while deepening understanding together.
 Students must read the designated text in advance, listen to the (simple as possible) commentary by the lecturer in the classes, ask questions and dialogue, and write brief comments after the classes. By feeding back the comments in the next class and sharing them with all the participants, we hope to make the class a multi-directional and circulatory "place of dialogue" and "community of intellectual inquiry". 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 「倫・理」 
3. 「人・間」 
4. 「世間」あるいは「世の中」 
5. 「存在」 
6. 人間の学としての倫理学の構想 
7. アリストテレスのポリティケー(1) 
8. アリストテレスのポリティケー(2) 
9. カントのアントロポロギー(1) 
10. カントのアントロポロギー(2) 
11. 人間の問い(1) 
12. 人間の問い(2) 
13. 学としての目標(1) 
14. 学としての目標(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習/指定した文章を読んでおき、自らの興味・疑問を整理しておく。
復習/授業を振り返り、コメントメールを送る。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の出席とコメント(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 和辻哲郎  『人間の学としての倫理学』   岩波書店  2007  978-4003811047 
その他(Others)
参考文献
Readings
授業内で別途指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第一回目授業「ガイダンス」にて、授業の方針・進め方を説明します。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP