シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM224/社会組織理論演習24
(Practical Application:Social Organization 24) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(社会課題と対話の実践) 
担当者 (Instructor) 亀井 善太郎(KAMEI ZENTARO)
大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM224 



授業の
目標
Course
Objectives
社会には多様な課題が存在するが、価値観の多元化、技術等の進化や専門化、経済格差の拡大、さらには、その加速した結果としての対立や分断というように、直面する社会課題の存在そのものを共有できない現状にあるのではないだろうか。
市民社会そのものが、主体的に、社会課題解決の発見と共有、そして、解決を担っていくことを志向する社会デザインにおいて、情報の共有を起点とし、多様な解決の担い手の協働を産むコレクティブ・インパクトにもつながる対話の可能性はますます大きくなってきている。
社会課題の発見、共有、そして解決という一連のプロセスにおいて、対話はどのように活かされるのだろうか。また、そうした対話の実践においては、どのような困難があり、これを乗り越えるためにいかなる工夫が必要なのであろうか。
いくつかの社会課題に関する具体的なケースを採り上げながら、対話がどのように進められ、どのように活かされたのか。また、対話にとってのリスクとはどのようなものなのか、実践者の語りに耳を傾けながら、その原則と具体的な手法を知る。 
We currently face social issues of diversification of values, evolution and specialization of technology, etc., widening economic disparity, and confrontation and division resulting from acceleration. Evidently, it is not possible to share existence itself.
A collective in which civil society proactively discovers and shares solutions to social issues and, in social design, which aims to take the role of solution, starts with the sharing of information and creates the cooperation of various solution leaders. The potential for dialogue that leads to impact is increasing.
How can dialogue be used in the process of discovering, sharing, and resolving social issues? What are the difficulties in practicing such dialogue? What devices are needed to overcome those difficulties? How did the dialogue proceed and how was it utilized in taking up specific cases on some social issues? Also, students should listen to practitioners about what the risks are for the dialogue and learn its principles and concrete methods. 
授業の
内容
Course
Contents
対話に関する総論から始まり、5つの社会課題を取り上げ、そこに対話がどのように関わっているのか、事例研究の形で、対話の原則と具体的な手法を考えていく。
具体的には、a.障がいを伴う方々を中心に位置付けた日本初の対話体験であるダイアログ・イン・ザ・ダーク、b.まちづくりを進めるうえでの市民、行政、専門家の対話プロセスによる意思決定、c.がんサバイバーが自らの疾病を学び、医師や専門家と共に社会変革を進める対話の実践、d.社会課題を喚起し、他者をつなぐこともできる、アートと社会の関わりの可能性、e.異なる価値観を受けとめ、自らが志向する価値や規範を内省的に実感するプロセスである哲学対話の5つのケースを取り上げ、それぞれ、(1)実践者による語り(ゲスト・スピーカー)、(2)語りの振り返りと対話の可能性の検討(対話主体)を行う。
その後、一連の講義の結びに、5つの事例を通じて見えてきた対話の可能性と課題について、考察を深める。 
Beginning with a general discussion on dialogue, this course focuses on five social issues to discuss the principles and specific methods of dialogue in the form of case studies on how dialogue is involved:
(1) Dialogue in the Dark, Japan's first dialogue experience focusing on people with disabilities; (2) willingness of citizens, governments, and experts in the process of community development decisions; (3) cancer survivors learn about their illnesses, practice dialogue with doctors and specialists to promote social change; (4) possibility of art-society engagement that can evoke social issues and connect others gender; and (5) the five cases of philosophical dialogue, which is a process of recognizing different values ​​and introspectively realizing the values ​​and norms that one seeks, are discussed in each case. (A) Practitioner's talk (guest speaker) (B) Review the narrative and examine the possibility of dialogue.
After that, to conclude a series of lectures, we deepen our discussion on the possibilities and challenges of dialogue that have emerged through the five examples. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション(現代社会における社会課題、対話の必要性等) 
2. 障がい者を中心にすえた対話の取り組み①(実践者による語り) 
3. 障がい者を中心にすえた対話の取り組み②(振り返り、対話の可能性の検討) 
4. まちづくりにおける対話による合意形成①(実践者による語り) 
5. まちづくりにおける対話による合意形成②(振り返り、対話の可能性の検討) 
6. がんサバイバーによる対話と社会変革①(実践者による語り) 
7. がんサバイバーによる対話と社会変革②(振り返り、対話の可能性の検討) 
8. アートが開き、つなぐ社会①(実践者による語り) 
9. アートが開き、つなぐ社会②(振り返り、対話の可能性の検討) 
10. 哲学対話の可能性①(実践者による語り) 
11. 哲学対話の可能性②(振り返り、対話の可能性の検討) 
12. 社会課題と対話の可能性① 
13. 社会課題と対話の可能性② 
14. 社会課題と対話の可能性③ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業において指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業・演習での対話への参加、他への貢献等(70%) 、レポート(30%)
備考(Notes)
授業への3/4以上の参加を必要とする。レポートは、5つのケースについて「社会課題への対話の可能性」を切り口に簡単なレポートを提出を求める。このレポートを使って、振り返りの対話を行う。
テキスト
Textbooks
授業において指示する。必要なものはブラックボードで共有する。
参考文献
Readings
授業において指示する。必要なものはブラックボードで共有する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP