シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM350/コミュニティデザイン学演習50
(Practical Application:Community Design 50) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(場の人間学) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 土曜日(Sat) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS5310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM350 



授業の
目標
Course
Objectives
「日本最初の哲学書」 と言われる『善の研究』に基づき、 倫理学の基礎や東西における倫理的諸説を学ぶ。具体的な学習目標は、(1)西田の基本的な考え方を、客観的に説明・批評ができるようになること、また、(2)それを援用または批判しながら、自らの考えや主張を表現できるようになること。  
Based on "An Inquiry into the Good", which is said to be "the first Japanese philosophy book", students will learn the basics of ethics and ethical theories in the East and West. The specific learning goals are 1) To become able to objectively explain and criticize Nishida's basic ideas, and 2) To become able to express one's own ideas and claims while using or criticizing Nishida's ideas.

 
授業の
内容
Course
Contents
西田幾多郎の『善の研究』は、1911年の出版から百年を過ぎながら、 現在でも国内外で多く読まれ、 影響力の強い哲学書である。 特にこの書が広く一般人にも読まれた大正・昭和初期は、 江戸時代までの伝統的な倫理観がくずれながらもまだ影響力を持ち続け、 かつ、 明治期を通して欧米からの新たな倫理が取り入れられ浸透してきた時期でもあった。 価値の相対性が常態化した現代社会に生きる人間にとって、あらためて「よく生きる」とは何なのか、西田の哲学が実効的な倫理の基礎となりうるのかを考え、“哲学的”な思考力を養っていく。
 学生は、事前に指定の文章を読み、授業内で講師による(可能なかぎりやさしい)内容解説を聞いて質疑・討議を行い、授業後に簡単なコメントを書く。そのコメントを次回の授業でフィードバックし、参加者全員で共有することで、授業を、循環する複方向型の「対話の場」、「知的探求の共同体」としたい。 
Kitaro Nishida's "An Inquiry into the Good" is an influential philosophical book that has been read by many people in Japan and overseas, even though it is over one hundred years since its publication in 1911. Especially, this book had been widely read by the general public in the Taisho and early Showa periods which continued to be influential although the traditional sense of ethics up to the Edo period had been broken, and which was also a time when new ethics from Europe and the United States were adopted and infiltrated after the Meiji period. For people living in modern society where relativism has become normal, students will think again about what "living well" means, think about whether Nishida's philosophy can be the basis of effective ethics, and develop "philosophical" thinking skills.
 Students must read the designated texts in advance, listen to the (simple as possible) commentary by the lecturer in the classes, ask questions and dialogue, and write brief comments after the classes. By feeding back the comments in the next class and sharing them with all the participants, we hope to make the class a multi-directional and circulatory "place of dialogue" and "community of intellectual inquiry".

 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、西田哲学入門 
2. 人間の行為は意識が重要 
3. 意志(行為)を哲学する 
4. 自由意志と必然性 
5. 価値とリアリティ 
6. 倫理学説1 直覚主義 
7. 倫理学説2 権威主義 
8. 倫理学説3 主知主義 
9. 倫理学説4 功利主義 
10. 倫理学説5 主意主義 
11. 人格と善 
12. 善い行為をしようとする動機 
13. 善い行為をする具体的目的 
14. 完全なる善行、 まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習/テキストの各授業での該当箇所を事前に読み、考えてくること。
復習/授業を振り返り、コメントメールを送る。
 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各回の出席とコメント(70%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 西田幾多郎  善の研究   岩波書店  2012  978-4003312414 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大熊玄  善とは何か: 西田幾多郎『善の研究』講義   新泉社  978-4787720054   
その他(Others)
「ブラックボード」上にアップする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
第一回目授業「ガイダンス」にて、授業の方針・進め方を説明します。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP