シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
VM566/比較組織ネットワーク学集中演習16B
(Practical Application:Comparative Study of Network & Social Organization 16B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
(社会組織理論方法論5B) 
担当者 (Instructor) 大熊 玄(OKUMA GEN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 土曜日(Sat) 6時限(Period 6) 7204(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
SDS6010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VM566 



授業の
目標
Course
Objectives
学生が選んだテーマをもとに、最終的に修士論文・研究報告書の完成を目標として、基礎的な知識や研究方法を身につける。 
The student will acquire basic knowledge and research methods with the goal of finally completing a master's thesis or research report on the theme they have chosen. 
授業の
内容
Course
Contents
学生は、自身が最も関心のあるテーマを選択し、実際の修士論文・研究報告書のタイトルへと落とし込み、自らの研究を導いてくれる「リサーチクエスチョン」を創る。また、参考文献(先行研究)を収集・読解・批評しながら、それらを参考に自らの論文・報告書のアウトライン(骨格)を作成し、執筆を開始し、最終的に論文・報告書の体裁を整えていく。講師は、春学期に引き続き、そのつど学生から研究の進捗状況を聞きながら、研究計画や内容に対して助言・指導・討議を行い、学生はそこから新たな視点を得るとともに、自らの研究を進め深めていく。 
The student will select the theme in which they are interested, express it in the title of their actual master's thesis or research report, and create a "research question" that guides their research. In addition, the student will create an outline (framework) of their own academic paper or report referring to references (preceding studies) that they collect, read and criticize, will start writing and finally prepare the format of an academic paper or report. Following on from the spring semester, the lecturer will provide advice and guidance and discuss the research plan and its contents while hearing about the progress of the research from the student regularly, giving the student new perspectives to advance and deepen their research. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 全体テーマ(方向)の選択 
3. 具体的目標と規模の決定 
4. リサーチクエスチョンの確認 
5. 論文構成(序/本/結)の検討 
6. アウトライン(目次)の作成 
7. 研究データベース作成 
8. 文献の調査・探索 
9. 文献目録の作成 
10. 序の検討 
11. 本論の検討(1) 
12. 本論の検討(2) 
13. 本論の検討(3) 
14. 結論・全体の検討 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業内で別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
学期中の進捗状況(50%) 、学期末の研究成果(50%)
テキスト
Textbooks
授業内で別途指示する。
参考文献
Readings
授業内で別途指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
特になし。 
注意事項
Notice
本科目は授業回の全てにおいて、理論等学術的な知見を踏まえつつ、担当教員の実務家としての経験、または研究成果を活かし教員と学生との双方向の討論を重視した実践的な授業とする。学生には、課題の発表や討論など、授業での積極的な参加を期待する。 


PAGE TOP