シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/研究指導演習A
(Master's Thesis Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
 
担当者 (Instructor) 池田 伸子(IKEDA NOBUKO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ICC6513 
使用言語
(Language)
その他
(Others) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) VV004 



授業の
目標
Course
Objectives
修士論文作成に向けて,研究テーマ,研究方法の明確化を図るとともに,資料の探し方,論文執筆の具体的な方法等,論文作成に必要な基礎知識と能力を身につけ,論文執筆を実践する。 
Strive to clarify research themes and methodologies, learn how to search for data, specific methods for writing academic papers and other basic knowledge and skills required to write master’s theses, and perform academic writing. 
授業の
内容
Course
Contents
日本語教育関連科目ならびにその研究領域に関連する科目の履修によって得られる専門知識を踏まえながら,関心を有するテーマについて内外の先行研究の現状,課題および研究方法を把握し,各自の研究テーマへと集約させていく。さらに,受講者に研究テーマに即した論文に基づく研究発表をしてもらいながら,論文執筆に関する具体的な指導をしていく。参加者各自が,自らの研究テーマに関連する文献を積極的に探し,それをどのように論文に位置づけていくのかを考えていくとともに,研究の基礎には,先行研究や適切な理論やモデルが必要であることを理解していくための活動を行う。 
Based on the expert knowledge gained from taking courses about Japanese language education and the fields of research related to it, students will gain a full understanding of the present state, issues and methodologies of previous research conducted inside and outside Japan on themes of their interest, and work toward narrowing down their research themes. In addition, the instructor will give detailed instruction on thesis writing as students present their research based on academic papers written on their research themes. Each student will proactively search for literature relating to their chosen research theme, consider how to use that literature in the theses they will write, and engage in activities to understand that previous research and appropriate methodologies and models are foundational components of research. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 研究テーマの設定1 
3. 研究テーマの設定2 
4. 先行研究について1 
5. 先行研究について2 
6. 先行研究について3 
7. 研究方法1 
8. 研究方法2 
9. 研究方法3 
10. 論文の構成1 
11. 論文の構成2 
12. 論文の構成3 
13. 学術的記述の方法について 
14. 振り返り 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の授業で指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業への参加度(討論,質疑応答など)(50%) 、報告およびレポートなどの提出物,各種テスト(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
指導の中で,担当教員が適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
1)授業は各受講者が主体となるディスカッションを通して行われるため、受講者は各自が自分のテーマについて自発的に調べ、発表することが求められる。
2)各参加者のプレゼンテーションについては、次の回の授業でフィードバックを行う。
3)連絡事項、資料の配付などはBlackboardを通して実施する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP